2016年11月02日

気は若いつもりでも・・・その後

先日、朝起きたら異変が起こっていて、ERに行って、その後4日間ほど入院していた話の続きです。
悪かったところは、胃と腸。ダブルパンチでした。

最初は「ガンかもしれないから心構しておいて」とドクターに言われ、一瞬「どうしよ〜!?」と思ったけれど、
家はガン家系ではないので、ガンはピンと来ないな・・・と思っていました。

で、その次には内臓で炎症が起こっているとの診断。
もう一度詳しいCTを撮って、その結果、

もう元に戻っている・・・と・・・。

「へ!?」
確かに自分ではもうだいぶ元気になった感はあったけれど、まさか元に戻っているとは・・・。
自分の体のタフさにちょっとびっくりです。笑!!

アメリカでは出産でも日帰りと言う短い入院事情ですが、今回は4日も入院と言うことでみんなびっくりしていました。
私も!!
なぜに4日も入院させられたのか?ちょっと不思議です。

でも、12月にもう一度検査をして、その結果でその部分を取り除くか、そのままにしておくかを決めるそうです。
それまで薬を飲んでねとの事。
後ろにある茶色いカプセルは鉄分のサプリメント。極度の貧血症なのに、今まで鉄分は拒否していたけれど、今回本当に飲まなければいけないんだぁ〜と実感したので、毎日摂るようにしています。カプセルに日付を書いて、飲み忘れのないようにしました。几帳面です!
IMG_9200.JPG

という事で、80%諦めていた日本帰省は予定通り実行です。
一時期はガンかもしれないと言われ・・・
その後はガンではないけれど、それに匹敵するくらい悪いと言われ・・・
日本に行くのはやめた方がいいと言われ・・・
結局、日本に行っても大丈夫〜!!との事。

本当に人間の体って謎が多いですね。

でも、今回は良いドクターに当たって、とても親身に考えてくれるドクターでした。
6人ほどのチームで私の病状を検討してくれるのですが、その中にはインターンもいて、
彼が来ると、なんかいらいらする・・・笑!
入院した次の次の日には「今日退院してもいいよ」と言いに来て、喜んでいたら、
メインのドクターに「まだだめ!」と言われがっかりでした・・・。
そして、4日目、またそのインターンが来て、「今日退院してもいいよ」と・・・。
鵜呑みにはしなかったけれど、メインのドクターと話した後、家に帰っていいと!!
インターンみたいなドクターにはイライラしましたが、メインのドクターは信頼できるので、「退院」と言う言葉には本当にうれしかったです。

11月、日本に行って美味しいものをぼつぼついただく予定です。ふふふ!
で、12月には再検査で、その結果によってまたどうなるのか・・・?
でも、私はわりと丈夫なようなので、それほど心配はしていません。笑!
Wish me luck!!






タグ:入院
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(1) | 日々の事いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

気は若いつもりでも・・・

手前味噌ですが・・・わりと見た目若く見れるし、気持ちもかなり若いのでじぶんの実際の年齢をあまり気にしたこともなかっけれど、体は正直です・・・。

2016年10月中旬、朝起きて異変を感じてすぐにERへ。
朝早かったので30分ほど待って診てくれました。
その時のドクターは血液検査と尿検査のみで家に帰してくれました。
と言うか、こんな状態でこんな検査のみで良いのか!?と半信半疑だったけれど・・・。

次の日の朝、もっと異変を感じて、またまたすぐにERへ。
その時は、すぐにベッドのある部屋へ。
で、昨日の状態を話したらドクターが「CTも撮ってないの?」と不思議そう・・・。
それで2リットルのレモネード味の液体を飲んでCT scanを撮りました。
で、その結果、緊急入院と言うことに・・・。
結局、ERには4時頃までいて、それからの入院でした。

「その分野のスペシャリストが明日来るので安心して」と言ってくれて。
最初は2人部屋に入って、夜になっていきなり「個室に移動するから!」とバタバタし始めました。
「えっ!? 私死ぬの?????」と不安になったけれど、そういうわけではなかったらしい。

次の日に2人部屋に移されて、次の日の検査のための準備。
検査を受けて、その夜にはまた個室へ・・・。
いったいなぜ??

病院には、それぞれの部屋にシャワーとトイレが付いていて、いつでもシャワーを浴びてもいいらしい。
私も一度浴びましたが、両手に点滴の針を刺していて(ひとつは点滴用、もうひとつは輸血用)、それが濡れないようにぐるぐる巻きにされていたから手が曲がらず、結局満足に髪を洗うことができなかった・・・。
IMG_9186.JPGIMG_9188.JPG

ベッドはもちろん自動で上下に動き、背もたれ部分と足の部分も自由に高くできるようになっていました。
テレビもそれぞれのベッドに付いていて、ジュースなどの飲み物はナースに言えばいつでも持ってきてくれます。
ベッドから降りる際にはアラームがセットされているので、勝手には降りられず、必ずナースを呼んで、ベッドから離れている間中、ナースが付きっ切りと言う、なんとも至れりつくせりの状態。

いくつか滞在した部屋からの眺めはダイヤモンドヘッドやホノルルの明かりが見えたり、とっても素敵な景色でした。
IMG_9189.JPG

今までアメリカで入院したことはなかったので、食事のシステムにびっくり!!
なんとルームサービスがあり、夕方6時まではいつでも好きなものを好きなだけオーダーしてもいいんですって!!
メニューもあって・・・
IMG_9191.JPG
IMG_9190.JPG
IMG_9198.JPG

3日目の検査の後は、水物だけと言うことで、こちらがリクエストせず、こんなものが出てきました。
ビーフブロススープ(まずくて飲めなかった・・・)
紅茶&レモン
アップルジュース
ストロベリージェリー
IMG_9192.JPG

この後の夕食時には、「なんでも好きなものをオーダーして」と・・・。
なんでも??
4日間も点滴だけで、何も食べていなかったのに、いきなり何を食べてもいいの??
本当か??
半信半疑でなるべく固形じゃなくお腹に優しそうなものをオーダー。
マッシュポテト&グレービー(グレービーは別に付けてと言ったのに、上にかけて、その上、別に付けてくれている・・・)
フルーツカップ
ピーチヨーグルト
アップルジュース
IMG_9196.JPG

マッシュポテトの上に乗っているグレービーは除いて、特に問題なく食べられました。

次の日の朝、食欲はすごくあったので、ちょっと挑戦してみようと思い、
ベルベッパー、オニオン、マッシュルーム入りのオムレツ(卵2個)
白いごはん (ハワイでは普通に白米がメニューにあるからありがたいです。)
フルーツカップ
ストロベリーヨーグルト
アップルジュース
バナナはあとでおやつに。
IMG_9197.JPG

オムレツとご飯を食べた時にはちょっと胃がぐっときたけれど、なんとかご飯半分を残すのみでほぼ完食!

4日目にして、シャワーを満足に浴びれないのが不快で、退院を懇願。
その日の夕方退院できると言うことで、家に帰って何が食べられるのか・・・・?と思い、
またまたランチ時に挑戦してみました。
照り焼きバーガー
ローステッドポテトウェッジ (揚げてない)
ストロベリージェロ
アップルジュース (1個しかオーダーしていないのに、3個も持ってきてくれた・・・)
IMG_9199.JPG

さすがにハンバーガーはキビしかったようで、ポテトも半分、バーガーも半分しか食べられなかった。

で、これで学んだ私は、その後家では、固形でないスープやヨーグルト、パパイヤなどのフルーツを食しています。

退院したその日に検査の結果が出て、
検査した時にはかなり重い病気だとドクターに脅かされ(もしもそれならば、貯金を全部下ろして旅行に出る!!とか考えていたりして・・・)、夜眠れなくなりましたが、結果、死に至る病気ではないと聞いて安心!!

詳しく調べる為にもっと部分的なCT Scanを撮るとのことで、自宅から検査に行きました。
その日はかなり気分がよく、「私、病気??」と思うくらい。

今回の事で、やはり西洋人と日本人は違うのだから、そこを理解してほしい! と感じました。
アメリカ中西部よりハワイの方がアジア人率は遥かに多いので、まだハワイで良かったと感謝しています。

これを書いているのが10/20の時点なので、その後の検査の結果でこれからのプランが決まると思います。
とにかく、私は根がポジティブなので、どんな状況になっても大丈夫!と言うことを実感しました。笑。


でも、今までに仕込んだ去年のハワイ滞在記事があるので、それはそのままアップしていく予定です。





タグ:入院
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(2) | 覚え書き&メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

カパフルの「GLAD Yakitori」でかんぱぁ〜い!

カパフル通りにあるGlad Yakitoriへ。
IMG_7039.JPG

店内は、入ったところが結構狭いですが、奥まであるので、結構広いです。
全てのメニューが$3.90。
IMG_7038.JPG

やきとりもスライスされたトマトもコーラもビールも日本酒も全て同じ価格です。
IMG_7040.JPG

アヒポキは、小鉢位の大きさに入ってきました。
IMG_7042.JPG

やきとりは結構大きく食べ応えがあります。
私は、つくねのお好み焼き風が気に入りました。
IMG_7043.JPG

締めはやきおにぎり。
IMG_7045.JPG

とってもリーズナブルでお腹いっぱいになりました。











posted by mahalobunny at 00:00| Comment(2) | 2015.10-2016.3 ハワイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

グリーンカードの名前、間違えている〜!!

2015年1月にグリーンカードの更新手続きをして、2015年5月に新しいグリーンカードが届きました。
しばらく全然気がつかなかった私もどうかしていますが・・・
なんと、

記載されている名前が間違えている〜!!!!

と言ってもミドルネームのみですが・・・。

実は、2015年7月にメキシコに行った時に列に並んで待っている時、グリーンカードを眺めていたら・・・
ん???
ミドルネームが違っているではないですか!?
既にメキシコから帰国時のアメリカでのイミグレでの事。
かなり焦りました!!
もしかしたらアメリカに入国できないのではないか??

アメリカ入国の際にキオスクのようなマシーンで入国手続きをするんですが、私の場合「X」が出てしまい、イミグレのカウンターに行かなければいけませんでした。
そこで、
私           「ミドルネームが違っているんだけど、訂正していないんです・・・」
イミグレ官「・・・」しばらくパスポートとグリーンカードを眺めて・・・「はい、行っていいわよ。」
私           「キオスクをパスしなかったのはミドルネームが違うから?」
イミグレ官「ミドルネームは大したことないから大丈夫よ。」
私           「じゃあ、このまま10年使っていても問題ないですか?」
イミグレ官「免許証更新とかの時に困るでしょう・・・」
私           「そっか・・・変更します・・・。」

と言うことで、キオスクをパスできなかったのはミドルネームが問題ではなかったんです。
実は、パスポートの日本名とアメリカの名前が違うので、そこに問題が・・・。
日本って、戸籍制度があるので、アメリカで名前が変わっても日本の戸籍では名前を変えないでカッコ書きにされるんですよね・・・。

さて、グリーンカードのミドルネーム変更をしなければいけないのだけど、
秋までハワイには行かない。
中西部ではイミグレに行くのに車で2時間ほどかかってしまうので、ハワイに行ってからでいっか!と思い、そのままにしていました。

で、2015年秋にハワイに行った時にすぐに手続きすれば良いものを・・・なんだかんだと忙しく・・・
手続きをしたのが2016年2月。

イミグレの間違いなのですぐに発行してくれると思っていたら・・・なんとほぼ8ヶ月もかかりました・・・。
その間、グリーンカードは取り上げられたまま。
名前の変更を依頼した時に間違えている方のグリーンカードを返還しなければいけなかったんです。
ならば、アメリカを離れられないのか!?
パスポートにグリーンカード所持と同じ意味を持つ判子を押してくれました。
これでアメリカ国外にも出られるとのこと。

が!!
2016年4月、日本からアメリカに帰って来た際、イミグレカウンターに行ったら、イミグレ官が大きく手を振って誰かを呼ぶんです。
何???
と不安になる私。

別室行き・・・。

別室にはいろんな国の人が椅子に座って待っていました。
私はほんの10分ほどで解放されましたが、係り員はほぼ無言でパスポートを私に返し、まるであごで行っていいというような感じ・・・。
なんだか不法入国者のような気分にされて・・・
グリーンカードの間違いは私のせいではないのに!!!

まぁ、アメリカは理不尽なことがたくさんある国ですから、怒っても仕方がないんですけれどね・・・。
なんともやるせない気持ちです。

で、無事にアメリカに入国はできました。

それから、ずっとずっと新しいグリーンカードが来るのを待ち続け・・・
やっと、約8ヶ月後に受け取りました。

グリーンカードを返還してからずっと、パスポートに判子が押されているだけだったので、グリーンカードは所持していませんでした。
本当はいつも所持していなければいけないカード。
(友達の中には失くすと嫌なので持ち歩かないという人もいますが・・・)
まさか、毎日パスポートを持って生活するのもいやで、返還したグリーンカードのコピーのみを所持していました。(意味はないけれど・・・)

移民の私としては、やはグリーンカードを所持していないと不安でしたわ。


---まとめ---
2015.1月--グリーンカードの更新
2015.5月--新しいグリーンカードが届く
2015.7月--ミドルネームが違うことに気がつく
2016.2月--名前の変更を依頼。その際、グリーンカードを返還。パスポートに判を押される。
2016.9月--晴れて新しいグリーンカードを受け取る・・・はずが・・・10月になってもまだ受け取っていない・・・どーなってるの!?

グリーンカードやビザなどの進捗情報をチェックできるサイトがあります。
USCISで、だいたいの更新情報がわかります。
毎月15日前後に新しい情報に更新されています。
もちろんログインしなければいけないですけれどね。











posted by mahalobunny at 00:00| Comment(1) | 覚え書き&メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

本「祈りの幕が下りる時」東野圭吾

ハワイの図書館で借りました。
加賀恭一郎シリーズです。
久しぶりの刑事加賀を堪能しました。
今回は、加賀のお母さんの話。いろんな謎が解けていきました。

ストーリーは、
仙台のスナック「セブン」のママ宮本康代は、知り合いから雇ってもらえないかと田島百合子を紹介された。
彼女を雇って16年後、彼女は自分のアパートで心不全で死亡していた。
彼女とつきあっていた男性、綿部俊一が、彼女の息子を調べて訃報を知らせる。息子は加賀恭一郎。
10年後、越川睦夫のアパートで押谷道子の死体が発見された。
そこから近くのホームレス小屋で焼かれた死体が発見された。
道子は、加賀も知っている女優であり脚本家の浅居博美と中学の同級生で、彼女に会いに行っていた。

ネタバレ
越川と綿部、横山は同一人物。
新小岩で焼死したのが小菅のアパートの住人越川。その正体はかつて加賀の母親と深い仲にあった綿部。
横山は、浅居博美の父親。
浅居の中学の教師であり卒業後つきあっていた苗村誠三を殺したのは浅居の父。
浅居の同級生で浅居の母を引き取りに来るように説得しに来た押谷道子を殺したのも浅居の父。
両方共、自分が自殺したはずなのに存在していることを知られてしまったために殺した。
浅居の父を殺したのは浅居。もう勘弁してくれと懇願する父の希望を聞いて絞殺し、身元がわからないように火をつけた。
浅居の母が悪い。お金を持って家を出て、残された物が苦労する。


最近思うんだけど、一生懸命コツコツと生きている人と、なんとなくいい加減に生きている人。
結構いい加減に生きている人の方がちゃんと生きていけているケースがあると思う。
真面目にコツコツ・・・なかなかみんなができることではないけれど、だからと言って幸せになれるとも限らない。
そこそこいい加減でも、ポイントだけしっかりしていれば、それが一番賢い生き方なのかなぁ〜とも思います。






タグ:東野圭吾
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする