2008年09月27日

デトロイト空港にて

最近の燃料費高騰で、飛行機代がめちゃめちゃ高い中、母の「I miss you揺れるハート」コールに負け、年に2回は日本に帰ろうと頑張っています。
で、今回は、一ヶ月の滞在るんるん
いつも一度位は温泉旅行に行って、その後は、関西圏をうろうろして、自宅でごろごろして・・・と言う日本滞在を過ごしています。続きを読む

2008年10月04日

暑い!!機中はサウナ!?

デトロイト空港から関西空港行きの飛行機に搭乗して、これから13時間の飛行です。
修学旅行生に囲まれながらも、隣の席は空席と言うラッキーな状況に満足していた私ですが・・・。続きを読む

2008年10月05日

近江八幡へ行ってきました

9月中旬に家族で長浜&近江八幡へ1泊旅行へ行ってきました。



最近では、観光地にとってもわかりやすい地図がおいてあります。

近江八幡でも、「近江八幡のまちなみ」と言うイラスト入りの地図があり、大きな信号の名前も書いてあって、とってもわかりやすかったです。

観光案内所とか主要のお店に置いてあります。

DSC00589.JPG



まずは近江八幡駅に降り立ちました。

新しいのか、とてもきれいでした。

駅を降りてくるとコインロッカーもあるので、荷物はそこに入れて、街歩きができます!

DSC01709.JPG



ぶーめらん通り

近江八幡駅からまっすぐ近江八幡宮に向かっていく道が「ぶーめらん通り」。

近江牛を出してくれるレストランやチーズケーキのお店、たねや本店などがあります。

駅からしばらく歩くとお店はなくなってしまうので、近江八幡宮まで20分位道路沿いを歩く事になります。

DSC01710.JPG
タグ:近江八幡

そうや商店 「ぷろみえ」でランチ

そうや商店って名前からして全然想像のできないお店でした。

近江八幡駅からぶーめらん通りを10分ほど歩いた所にあるレストラン。

近江八幡の観光マップでみつけました。

DSC01711.JPG



「ぷろみえ」の厨房

外見もとってもシンプルできれいだったけれど、内装もとてもシンプルできれいです。

店内は3つに分かれている感じで、カウンターからは厨房も見えます。

働いている人が少なく、お料理している人がオーダー取りに来たり・・・。

ちょっとバタバタでした・・・。

DSC01712.JPG



「ぷろみえ」店内

入り口入ってすぐの所はテーブル席で、左側がカウンター。

奥には、掘りごたつのようになったお座敷がありました。

とにかくスタッフが少なく、バタバタしていて、私達はお座敷に座ったんだけど、隣のテーブルを片付けている時グラスを割ってしまって、私達の所にまでガラスが・・・。

謝ってくれなかったのが残念です・・・。

お昼時ちょっと混んでいたので、仕方ないけれどね。

DSC01713.JPG



和牛ステーキランチ

和牛ステーキはやわらかく、ジューシーで美味しかったです。

画像の和牛ステーキにサラダとドリンクが付いています。2500円

DSC01711-1.JPG



ぷるみえランチ

ぷるみえランチはいくつかからメインメニューを選べます。

バーベキューチキンとか煮込みハンバーグとか・・・。

私は養老豚のカツレツカレーソースを選びました。1600円

お肉はジューシーでカレーソースにはあまり辛みはなく、でも、カレーの味がして美味しかったです。

サラダ、ベーコンとキャベツのコンソメ、コーヒー、デザートが付いてきます。

DSC01711-2.JPG



ぷるみえランチのデザート

紅茶のケーキとプリン、ベリー添え。

プリンがめちゃめちゃ美味しかったです。キャラメルソースがいっぱいかかっていて、香ばしく、プリンはぷるぷる。

ベリーは、ブルーベリー、ラズベリー、カシス、チェリーでした。

DSC01711-3.JPG





近江八幡市中村町20-18

tel---0748-33-0531
タグ:近江八幡

近江商人のお宅拝見!

近江八幡宮に向かう途中に、いろんな通りの名前が付いた所がありました。

「朝鮮人街道」と言う名前は、徳川家康が関ヶ原の戦いに勝利し凱旋した街道で、将軍上洛に使われたが、朝鮮通信使が通行したためこの名がついたらしいです。

この道には、郷土資料館などがあります。
DSC01718.JPG



郷土資料館

郷土資料館は近江商人の代表的な人物である西村太郎右衛門の宅地跡にあり、かつては、近江八幡警察署の建物であったそうです。

館内には、市内の考古・民族・美術工芸、文書などの資料が展示されており、毎年春と秋には特別展が開催されるそうです。

入館料 郷土資料館・旧伴家住宅・旧西川家住宅・歴史民俗資料館の4館共通券

          大人500円 小・中学生300円

開館時間 9:00〜16:30(入館は16:00まで)

休館日 月曜日(月曜が祝祭日の場合は開館) 祝日の翌日、年末年始

Tel 0748−32−7048

滋賀県近江八幡市新町2丁目

DSC01720.JPG



旧伴家住宅

伴庄右衛門家は、江戸時代初期から活躍した近江商人の一人で、屋号を「扇屋」といい、主に蚊帳、畳表扱い、豪商となった方らしいです。

DSC01721.JPG

京街道

京街道と呼ばれる道は別の名を浜街道と呼び、織田信長が京への上洛にも使った道。江戸時代には将軍の交替にともなって朝鮮から派遣された通信使が通ったことから朝鮮人街道とも呼ばれた道。新町の一角に残された京街道の分岐点。

DSC01722.JPG



京街道の町並み

屋根は手を伸ばせば届く位低く、とても古い家がたくさん並んでいました。

情緒があり、ゆっくりと時間が流れていく感じ・・・。

DSC01723.JPG



森五郎兵衛邸

西川家邸の向かい当たりにある。

この旧家の子孫は東京日本橋にある近三商事として、今も健在らしいです。

DSC01724.JPG



旧西川家宅

江戸時代の大商人・西川利右衛門の旧宅は、国の重要文化財に指定されているそうです。築約300年経っているそうです。今のふとんの西川のご先祖様らしいですよ。

DSC01725.JPG
タグ:近江八幡