2009年10月26日

aloft Chicago Oha're hotel

随分前ですが、シカゴに行った時の事を書き始めたいと思います。

今回泊まったのは、まだまだ新しいカジュアルホテル「アロフト・シカゴ・オヘア・ホテル」
9700 Balmoral Avenue, Rosemont, IL 60018
「A vision of W hotes」と言うキャッチフレーズの通り、雰囲気はWホテルそのものexclamation
でも、Wホテルに比べたら、かなりカジュアルな感じがあるので、私的には、とっても居心地が良かったです。
まず、普通のホテルと全然違うのが、部屋のレイアウト。
入ったらすぐに壁のような物があり、ベッドが見えない様になっています。
DSC03057.JPG

そして右側には、シンクとバスルーム。
DSC03058.JPG

バスルームは、シャワーのみ。
DSC03060.JPG
シャワー時に問題発覚がく〜(落胆した顔)シャワーのガラスのドアに隙間があるので、そこから水が外に漏れて、なんとトイレ部分は水浸し・・・ふらふら
バスマットで拭いたけれど、そんなもんじゃ収まらない位に・・・どんっ(衝撃)


シャンプーとボディソープも備え付けになっています。
DSC03061.JPG

ボディソープや、リンスインシャンプー以外のアメニティも全て「bliss」の商品で、最近気になっていたので、サンプル代わりに使えてうれしかったでするんるん
DSC03063.JPG

ミネラルウォーターは無料で一人1本付いているようですが、なぜか(2人で泊まったのに)1本しかなかったです。
コーヒーとティーの一人分パックと、コーヒーメーカーも一人分用でした。
DSC03062.JPG

で、壁の後ろがベッドルームになっていて、窓に向かっているので、とっても明るくって、気持ちが良かったです。
DSC03065.JPG

テレビは、40インチ位の薄型テレビが壁に掛かっていて、その脇には、ipodとか自分の持参した機器を接続できるようになっています。
インターネット接続は、無料で無線LANに繋げます。
DSC03066.JPG
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | 2009.08 シカゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

aloft Chicago Oha're hotel-その2

aloft Chicago Oha're hotelの続きで、施設のご紹介。

このホテル、とってもカジュアルで、フロントの人もポロシャツとか着ていました。
ホテル内にレストランはなく、カフェでちょこっと小腹を満たしたり、バーでまったりって感じは可能です。

このカフェは、コンビニみたいな感じ。
DSC03071.JPG

DSC03072.JPG

DSC02583.JPG

DSC02584.JPG

屋内プール(小さいですが)もあり、プール続きに中庭もあり、とってもシンプルモダンな感じでおしゃれるんるん
DSC03074.JPG


このプールの奥が、中庭でこんな感じになっています。
DSC03073.JPG

なぜか、日よけ付きのソファが屋内プールの脇に・・・わーい(嬉しい顔) 陽照ってないだろぉ〜パンチ
DSC03075.JPG

ジムもありました。クラクラしそうな絨毯の柄ですが・・・あせあせ(飛び散る汗)
DSC03078.JPG

駐車場は、1日$20.00もかかってしまいました。ダウンタウンにあるわけではないのに、ちょっと高い・・・と不満ちっ(怒った顔)
駐車場とホテルは、この橋で繋がっています。冷房も効いていて、冬は暖房ばっちりなんでしょうね。
DSC02582.JPG

シカゴのオヘア空港から1kmほどなので、もしも飛行機の乗り換えなどで泊まる所を探している方には最適です。シカゴダウンタウンまでは車で30分ほど。すぐ近くには、パーク&ライドもあるので、電車でダウンタウンに行く事も可能です。

と言う事で、私達は、この後、シカゴの電車初体験へと・・・。
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | 2009.08 シカゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

電車でシカゴのダウンタウンへ

ホテルにチェックインした後、初めてダウンタウンまで電車(cta)で行ってみようひらめきと思い、
駅のパーキングに車を停めました。(パーク&ライド)
DSC02541.JPG


まず停めた所の番号を覚えておいて、駐車料金を払う自販機で、その番号を入力し、$5.00(ローズモント駅の場合)を機械に入れればレシートが出て来ます。
DSC02543.JPG


レシートは、車のダッシュボードに置かなくてもよくって、自分で持っていればいいんです。だから、車まで戻らなくていいから、そのまま駅へ行って電車に乗れるのでラクチンるんるん

空港のそばの駅だから、こんなに飛行機が近い飛行機
DSC02542.JPG

シカゴの電車の乗り方は、ちょっと複雑・・・がく〜(落胆した顔)
cta(Chicago Transit Authority)で、オヘア空港から一つダウンタウンに近いローズモント駅からシカゴのダウンタウンに向かおうとしたんだけど、切符のシステムがよくわからなくって、駅員さんにいろいろと聞いてしまいました・・・あせあせ(飛び散る汗)

乗車料金は、切符システムではなく、プリペイドシステムになっているんです。
最低料金は、$2.25で、お金を販売機に入れて欲しい分の乗車料金を購入して、プリペイド・カードに登録します。
DSC02580.JPG


このカードは、2人で一緒に使う事も可能なんですよ。
使い方は、自動改札機にこのカードを入れるとき、一度出て来て、もう一度入れれば2人分になるんです。こんなシステム初めてなので、ちょっと慣れないと混乱しちゃいましたダッシュ(走り出すさま)
DSC02577.JPG


また、乗車料金は、1駅行っても、10駅行っても一律$2.25
カードを買うときにおつりは出ないので注意です。

私達はちょうどのお札がなかったので、駅のダンキン・ドーナッツでドーナッツを買って崩してもらいました。(電車の中で食べるのは禁止なので注意どんっ(衝撃))
日本のシステムとはかなり違うので、ちょっと混乱してしまうけれど、プリペイドシステムなんだと理解したら、「なるほど〜ひらめき」と納得でしたわーい(嬉しい顔)
それにしても、駅員さん、すっごく親切でした揺れるハート


さぁ〜、電車が来ましたぁ〜るんるんここから約30分ほどかかるんですが、渋滞回避で、楽々〜るんるん
DSC02546.JPG


車内は、最初は、こんな感じでガラガラ〜。
でも、ダウンタウンに近づくにしたがって、だんだん混み始めて、立っている人もいる位になりましたよ。
写真を撮っていたら、この右側にいる白人の人が、左側に座っていた黒人の人に「写真なんか撮ってるよ。失礼だなぁ〜むかっ(怒り)」と大声で(もちろん聞こえよがしに)愚痴をこぼしていた・・・。

おぉ〜、こわっふらふら

アメリカ流に言えば、「写真撮っちゃあいけないってどこにも書いてないでしょ爆弾」と言い返したいところだけど、もちろん、黙って座っていました・・・。
彼は、「あの人、クレイジーだよ」と一言・・・わーい(嬉しい顔)
DSC02548.JPG

posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | 2009.08 シカゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

ダウンタウン到着

電車の中で、ちょっと怖い思いもしながら、30分ほどでダウンタウンに着きました。

DSC02578.JPG



ここで降りて、歩いても良かったんだけど、この後、美術館に行く予定だったので、あんまり歩きたくなくって、ここから2回ほど乗り換えて、現代美術館の一番近くの駅まで行きました。



State/Lake駅(駅の名前はストリートの名前になっています。)を降りるとシカゴシアターが見えました。

この派手さがいいですよねぴかぴか(新しい)

2階建て観光バスも停まっていました。

かつては数十年にわたり、シカゴ第一の映画館として営業されていたそうですが、 今では、舞台劇、マジックショー、コメディパフォーマンス、演説やコンサートが行なわれているそうです。

また、このシカゴ劇場では、毎週火曜日の12時、もしくは、選択された土曜日にツアーが組まれていて、舞台裏やここでステージを踏んだ数々のパフォーマーの写真や手紙などを見ることができるそうですよ。

DSC02550.JPG






この風景は、いかにもシカゴexclamation×2と言う感じ。

高架上の電車と高層ビルが見えて、こういう景色は、よく映画に出て来ますよね。

この駅は、State/Lake駅。

DSC02551.JPG




ジョンハンコックセンターを横目に見ながら、現代美術館まで歩いて行きました。

DSC02553.JPG



現代美術館の外観は、前回のシカゴでご紹介したので、今回は写真なし。

入場料 大人$12.00を払って中へ。こんなピンをもらいました。洋服に付けて中を見回るそうです。

美術館内では撮影禁止。

なかなか興味深い、おもしろい画がたくさんあって、1階、2階と見て、約1時間半くらいで観終わりました。

もっと広いかと思ったら、そーでもなかったたらーっ(汗)
DSC02579.JPG


posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | 2009.08 シカゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

シーフード三昧!

現代美術館を観終わって、お腹が空いたので、食事を・・・。
何も下調べをしていない私達あせあせ(飛び散る汗)
どこがいいのかわからず、お店の前のメニューを見ていたら、中からお店の人が出て来て$10.00offのクーポンをくれましたexclamation
よっぽど貧乏そうに見えたのか・・・exclamation&questionただの客寄せか・・・exclamation&question
DSC02554.JPG


それに釣られたわけではないですが・・・わーい(嬉しい顔)感じの良いお店っぽかったので、入ってみました。

店内は、1階がカジュアルなバーっぽい感じで、バーカウンターとハイテーブル、ローテーブルの席があり、地下はファインダイニングになっているそうです。
私達はカジュアルな格好だったので、1階をリクエスト。
DSC02555.JPG


ワインの種類やお酒の種類もかなりありました。
DSC02556.JPG


サービスで、最初にビスケットを出してくれるのですが、それがまた美味ぴかぴか(新しい)

添えてあるバターがちょっと甘めで、ビスケットが淡白だけど、ちょっと塩味exclamation&questionって感じで・・・。サイズは小さいのですが、2個も食べてしまったわーい(嬉しい顔)
DSC02557.JPG



オーダーしたのは、濃厚なロブスタービスク($7.50)、
DSC02558.JPG


赤ワイン味がすっごく効いているCioppino($25.00)
DSC02561.JPG


バターフィッシュのレモンソースがけ($25.95)。
DSC02562.JPG
どれもすっごく美味しかったです。

店員さんもすっごく感じがよく、お勧めですexclamation
DSC02563.JPG

DEVON SEAFOOD GRILL

39 E Chicago Avenue Chicago, IL
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | 2009.08 シカゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする