2021年01月13日

映画「パラサイト 半地下の家族」

韓国の映画やドラマってあんまり観ないんだけど、
この「パラサイト」は、韓国映画では初めての?アカデミー賞を受賞したと言うことで
注目を浴びている作品でもあり、ちょっと興味がありました。

観る前までは、なんとなく
半地下に住む家族の貧しい暗い悲しい生活・・・と言うイメージがあったけれど、
難しい内容を批判的な感じではなくコミカルに描かれていた作品だと思いました。
面白かった!



ストーリーは、
一家で半地下の生活をしているギテク家族。(韓国人の名前って難しい・・・)
長男ギウの友人に、自分が留学している間、
お金持ちのパク家族の娘の家庭教師をやってほしいと言われたのがキッカケで、
妹、父、母とみんなを知らない人のように振舞ってそのお金持ちの家で仕事ができるように
仕向けていく。

ある日、お金持ちのパク家族の息子のバースディにキャンプに行くからと家を空けた時
ギテク家族は、その家でくつろいでいた。
そこに、以前家政婦だった(ギウの母を家政婦にするために追い出した)人が訪ねてきて、
ある衝撃なことを聞き、そこからもめごとに・・・。
そんな時、急に大雨だからキャンプは中止。今から家に帰る。
と奥様から連絡があり、大慌てで掃除をして、みんな隠れる。
なんとかその場はしのげたものの・・・。
それまでに感じていた何かを父は胸に込めているよう・・・。

YouTubeの予告


感想としては、
どの部分も退屈せず楽しめる!
笑いあり、サスペンスありで、考えさせられる部分も多い。

前の家政婦が家に来た時から映画の雰囲気が一転。
今までのほのぼのとした感じはなくなり、狂気へと・・・。
また、映像ではわからない匂いがポイントになっているのも
衝撃でした。

半地下の生活をしていても、まぁそれなりに家族一緒に楽しく暮らしているように見える。
でも、一度お金持ちの家族と関わり、
そこから本人達は意識していない差別的な態度に怒りを感じて行く。
何も言わないけれど、そこにポイントがあるんだと言うことがわかるのがおもしろい。

匂いと言う感覚的なものに対しての差別。
もちろんそれを伝えるのではなく、何気なくそんな態度を取ってしまっているパク家族。

この家族にとって、半地下に住んでいることはそれほどの事でもないのかも?
でも、それを嫌悪感のような態度を取られることが問題になっていくのではないか・・・?

これは常々思っていることだけど・・・
環境って大切だと思う。
同じ環境の中にいればわからないことでも、
一度外に出るとその違いをはっきりと感じさせられてしまう。
どんな世界にもあるのではないかな?
この映画では格差社会を描いていると言われているが、
そうではないような・・・。
いろんな視点から物事を見られる人、ひとつの考え方にとらわれない人
など、そういう視点で観ると良いと思う。
日本人によくある「普通は・・・」的な考え方だとちょっと理解し難いところもあるかも!?

アメリカにも半地下の家はあります。
ハワイではあまり見たことはないけれど、中西部ではどの家にもある。
一般的にはトルネードの避難場所として作られたものらしいですが、
日常では、プレイルームなどや洗濯機を置いたランドリールームなどに使っています。
NYなどの都市部では、間借りして半地下に住んでいる人も映画などで観たことあります。
陽が入ってくる窓が細長くあって、地上が自分の頭より上にある感じ。
洪水になったら水が入ってしまうけれど、
うちでは今のところ幸いにもそんな経験はないです。

以前ご紹介した近所の猫が遊びに来るYouTubeにもちょこっと出てきます。
その時の記事はこちら

ネタバレ-自分の記憶が薄れていくので、結末を書いています。まだ観ていない人は注意!-
家族揃ってお金持ちのパクさん宅で働くようになったのはいいのだが、
家庭教師、家政婦、運転手がみんな同じ家族だとは知らないパクの息子が
「みんな同じ匂いがする」と言い出す。
パク自身もそれを感じていて、ある日そのことを妻に話す。
もちろんギテクが聞いていないと思って。
それからは自分の匂いが気になるギテク。
パクの妻のショッピングに付き合っている時にオモムロに顔をしかめる妻に
自分の服の匂いを嗅いでみたり・・・。
パクの息子の華やかなバースディパーティで、
ギテクはインディアンの扮装をして息子にやっつけられると言う使命を与えられる。
いつもの感じの良いパクさんだが、
「今日は給料が出るんだから仕事だと思ってやってくれ」と言われ・・・。
そんな時、ひょんな事からわかった地下に住んでいた元家政婦の夫が
ナイフを持って地下から出て来て、ギテクの娘を刺し殺す。
そして、ギテクはパクを刺し殺す。
その後、ギテクの消息はわからないとニュースでは流れていたけれど、
実はその豪邸の地下にひっそりと住んでいた。
モールス信号で息子に手紙を送り、たまたまその家のそばに来ていた息子に伝わる。
息子は「いずれお金持ちになってこの家を買いに来る。
その時にはお父さん、地下から階段を上がって来るだけでいいから」と。
そのシーンが流れるが、それは空想のものだった。

最後は、なんとも無念な衝撃的な感じでした・・・。




ラベル:映画 韓国
posted by mahalobunny at 03:14| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

アマゾンプライム「UTOPIA」

以前、誰かに勝手にアマゾンプライムに登録されてしまい(その時の記事はこちら)、
そのまま1ヶ月間のお試しをしている時に観ていたアマゾンビデオで面白かったものをご紹介します。

今はコロナウィルスの真っ只中で、そんな時にこんなパンデミックな内容のドラマを見てしまった!!って感じ。
パンデミックで心が傷ついている上に
こんなバイオレンスなものを観てしまった!!って言うのが率直な感想。

あまりにも痛々しい場面が多く、目を覆ってしまうくらい残虐!


パンデミックって言葉、
今回のコロナがなければ一生覚えることはなかったかな?
と思いませんか?
アメリカに住んでいても、使わない、聞かない単語は知らない。
最初に聞いた時には「どういう意味?」って思って、
ピンとこなかった。

YouTubeの日本語予告編

ストーリーは、
「ユートピア」と言うコミックの内容が現実のものだと気付いた
ファン5人が集まり、コミックの中に隠された意味を解き、
人為的に作られたパンデミックを解き明かそうとする。

平たくいえばそんなストーリーですが、ちょっと複雑でもあります。
「ユートピア」の中に出てくるジェシカ・ハイドが現実に
ユートピアファンとコンタクトを取り、一緒に立ち向かっていく。
コミックの中の主人公と一緒に、パンデミックを起こした何者かを探す
って感じ。

80年代の映画でよく見かけたジョン・キューザックが出ているのも懐かしく魅力的です。
仲間のリーダー的なサマンサは、一瞬ブリットニー・スピアーズかと思いました・・・。笑。
他のキャストも個性的な人が多く、オタクっぽい感じとかをよく表現していて、
思わずぞっとする瞬間も。

制作は、コロナウィルスが蔓延する前に終わっていたそうなので・・・
ある意味予言!?
そう思うとすごい作品でした。

シーズン2がありそうな終わり方だったけれど、
制作は打ち切られたとのこと・・・
その先が気になります。



posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

アマゾンプライム「UPLOAD(アップロードへようこそ)」

以前、誰かに勝手にアマゾンプライムに登録されてしまい(その時の記事はこちら)、
そのまま1ヶ月間のお試しをしている時に観ていたアマゾンビデオで面白かったものをご紹介します。

予想外な未来の世界を楽しめる「UPLOAD」。
日本での題名は「アップロードへようこそ」というらしいです。

しょっぱなから「何これ!?」って、未来のアイデアにびっくりさせられる事がいっぱいで、
ついつい見入ってしまいました。
ツッコミどころも多々ありましたが・・・笑。
でも、一部のアイデアでは、未来ってこうなるかも??って思わせるのがすごい!!


死を目前にした人が、普通の手術を受けるか、
死ぬ前にアップロードして仮想空間(VR)で生きていくかを
選択できるんです。
仮想空間にもいろんなレベルがあって、お金があれば素敵な所に行けて、
なければそれなりに・・・。

2033年の設定だけど、その時点で今あるお店がまだあったり、合併していたりと、
そういう観点から観るのもすごく楽しいです。

主人公ネイサンの彼女がお金を払って仮想空間の「レイクビュー」に住んでいるけれど、
ネイサンのお世話をするエンジェル・ノラとネイサンのやりとりがとっても純愛的で素敵。

コメディであり、未来を予想できるような場面もあり、風刺あり、ロマンスありと
盛りだくさんなドラマで、とっても楽しめました。

日本語字幕入りの予告

こんなことがあったらいいなぁ〜と思わせることや、
良いアイデアだ!!と思うようなことがたくさん!
例えば、
生きている人と電話で交信ができたり、体感スーツを着て触ることができたり
スイッチひとつで窓からの景色を変えられたり
エンジェル(エージェント)がお絵かきするように髪型を変えたり
エンジェルが犬に変わってセラピーをしたり
自分のお葬式に参加できたり。

でも、結構な風刺も入っていて、
死後の世界まで、何をするにもお金がかかるとか
アップデートしたら味がわかるようになったとか
生きている人の予算によって自分がいるレベルが変わるとか
エンジェルは自分の評価によって待遇が変わって来るとか。

日本ではアマゾンプライムは500円/月ですが、
アメリカでは$12.99/月。
Netflixも契約していて、それほどビデオを観る時間もないので、
今回は継続せず、プライム会員は1ヶ月のお試しでキャンセルしました。

でも、1ヶ月のお試し期間で、
面白いビデオをいっぱい観られて、
まだまだ観たいものがいっぱいあったので、
継続しようかとは思ったんですが・・・。
とりあえず今回はお試しだけ。
でも、UPLOADのシーズン2が出たら、契約しちゃいそうです。


posted by mahalobunny at 02:50| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

ネットフリックス「Emily in Paris」& 映画「幸せになるための27のドレス」

ネットフリックスっていったい何かを観たらいいのか・・・???ってなることってないですか?
アメリカのネットフリックスと日本のネットフリックスは作品が違うものも多いですが、
同じものもあります。

そんな中、最近お気に入りになったのが、
「Emily in Paris=エミリー、パリへ行く」

シカゴの会社から上司の代理としてパリにやってきたエミリー。
アメリカ人とはまったく違うフランス人に立ち向かい、自分の意見をはっきり言いながらも
しっかり仕事をこなそうとする強い女の子のドラマです。

こういうキラキラしたかわいいドラマは、気持ちが上がるので好き!
「Sex and th City」や「プラダを着た悪魔」なんかを思い起こさせるようなドラマです。
久々に気持ちがウキウキするドラマだったわ!

ということで、
随分前に書いた映画のレビューが忘れられていたので、こちらもついでにご紹介。
「エミリー、パリに行く」と同じ感じかと思いきや・・・。

原題「27 dresses」2007年
私的には、途中で、「うぅ・・だるっ」と言いたくなるようなストーリーでした。ちょっとね・・・😵

『プラダを着た悪魔』の脚本家アライン・ブロッシュ・マッケンナ最新作とあって、
かなり楽しめるかと期待したけれど、「プラダ・・・」ほどの出来ではなかったようです・・・。残念。


ストーリーは、
ジェーン(キャサリン・ハイグル)は、小さい時に従姉の結婚式で花嫁のピンチを救ってから結婚式に魅せられ、ブライズ・メイド(花嫁付添い人)に生き甲斐を感じ、今までにも27人のブライズ・メイドをこなしてきた。

ある日、彼女は、大切な友達の結婚式が重なってしまい、結婚式を行ったり来たり。
もちろん、ブライズ・メイドなので、こっちの結婚式とあっちの結婚式では服が違う。
(通常ブライズ・メイドはみんなお揃いのドレスを着るんです😵)

それを見た新聞記者のケビン(ジェームス・マーズデン)、彼女がブーケを受け取ろうとした所、誰かに突き飛ばされて気絶したのを助け、それが縁で、同じタクシーに。

彼女を下ろした後、タクシーの中には、彼女の手帳が落ちていて、中には、毎日びっしりとブライズ・メイドのスケジュールが・・・😃
ジェーンに興味を持ったケビンは、彼女に電話をするけれど、彼女はそっけない。
というのも、彼女は、勤め先の社長ジョージ(エドワード・バーンズ)が気になっていて💓
そこへ妹のテス(マリン・アッカーマン)がやってきて、一緒にパーティへ🎵
ジョージの事はテスには何も話していなかったけれど、それにしても・・・
なんと、テスとジョージが、まるで磁石ででも引き合うかのように急接近💓

ジェーンの気持ちなんて全然知らない2人は、どんどん親密になっていって、なんと結婚の話にまでなってしまったんです。
そのうえ、ケビンが結婚式の新聞コラムを書く事に。
なんと彼はペンネームを使っていて(名前は忘れました)、そのコラムニストは、ジェーンの超お気に入りの人だったんです。
もちろんケビンだとは知らずに・・・。

さて、ケビンが、お決まりの花嫁の家族のインタビューと言うことでジェーンを訪れた際、
クローゼットにぎっしりと詰まったブライド・メイドのドレスを発見。
なんと全部で27着。
「そんなにセンス悪くはないのよ🎵」と27着全てのドレスを着せてみせるジェーン。
実は、ケビンは、自分のキャリア・アップをはかる為の記事を書くのにジェーンに接近してきたんだけど、ジェーンの話を聞くうちにケビンはジェーンに惹かれていったんです💓
会社に戻ったケビンは、上司に「早く記事を出しなさい❗」とせかされ、ジェーンのブライズ・メイドに生き甲斐を感じる記事を出してしまったんです😞
でも、ジェーンに惹かれてきたケビンは、「もう一週間発行を待ってください」とその記事を押さえていたはずなんですが・・・。


おもしろかったのは、結婚式の掛け持ちをした時、
タクシーで移動していたジェーンなんだけど、
タクシーの中で着替えて、タクシー・ドライバーに「もしもバックミラーを見なければ$300払うわ。でも、一度見るごとに$20づつ引くわよ。」と言う所。

最後に、「はい。$140ね。あなたがした事わかっているでしょ❗」と
ドライバーにウムを言わさず支払っている所がめちゃおかしかったです。
ドライバーは、8回チラ見したんですね😃

私も昔、ブライズ・メイドをやったことがあるけれど、
なんでみんなお揃いのドレスを着て、
花嫁のそばで一列に並んで微笑まなきゃいけないのか・・・⁉
アメリカの習慣とはいえ・・・
花嫁を祝福する気持ちは、人一倍あるけれど、
このブライズ・メイドだけはもういいかな・・・って感じがあります😵


続きを読む
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

映画「恋におちたシェイクスピア」

原題「Shakespeare in Love」1998年

笑える所もあり、セクシー感もあり、哀しい所も有りで、すごくおもしろかった。

以前観た「ベニスの商人」もおもしろかったけれど、シェイクスピアにとても興味をもちました💓


ストーリーは、
1593年のロンドン。若きシェイクスピア(ジョセフ・ファインズ)は苦難の年を迎えていた。
新作2本は失敗。劇場は破産寸前。スランプは作家にとって最悪の事態。
そんな時、富豪の娘ヴァイオラ(グウィネス・パルトロウ)を見かけ、一瞬で恋に落ちる💓
それと同時に、作家として、オーディションにやって来た一人の若者トマス・ケントにインスパイヤされる。
トマスを抜擢して、新作「ロミオと海賊の娘エセル」のストーリーをどんどん書き上げていくシェイクスピア。
トマスは、ヴァイオラの乳母の甥らしい。そこで、トマスにヴァイオラとの手紙の交換をお願いした。
ある時、トマスは、ヴァイオラの別れの手紙を持って来る。シェイクスピアは納得できず、トマスを追いかけるが、そこでトマスこそがヴァイオラ自身である事を知る。
それから二人の恋は燃え上がり、ますます激しい恋物語に仕上がって行く。

題は、途中で、俳優ネッド・アレン(ベン・アフレック)の助言で、「ロミオとジュリエット」に変わる。
そう❗このシェイクスピアの燃え上がる恋こそが、「ロミオとジュリエット」を生み出したのでした。
もちろん、シェイクスピアとヴァイオラの恋は実らない恋。
それでも二人は・・・。

私はあまりアカデミー賞とかに興味はないんだけど、
「恋におちたシェイクスピア」は、全世界で60ものノミネートを獲得したそうです。
アカデミー賞では7部門受賞。
グィネス・パルトロウは、最優秀主演女優賞
クィーン役のジュディ・デンチは、最優秀助演女優賞
ノーマン&ストッパードは、最優秀脚本賞
1998年度最優秀作品賞
そして、忘れてはいけないのが、最優秀美術賞と、最優秀衣装デザイン賞。
これがなければ、この映画はできなかったんですものね。

この映画で私の映画感が変わりました。
イギリス物の映画、昔を舞台にした映画、グィネス・パルトロウ・・・
全てあまり興味がなかったけれど、今では興味ありあり🎵
観て良かったです💓


続きを読む
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする