2020年10月22日

パン作り38-揚げないカレーパン

YouTubeとかブログを見てみると、The日本的なカレーパンの作り方がいろいろありますね。
その中でも揚げないカレーパンが魅力的!!

ということで、いつもの卵と牛乳のふわふわパンのレシピをアレンジして
  • 揚げないカレーパン 4個
  • チョコチップとくるみの巻き込みローフ 1個
を作ってみました。

レシピのアレンジは、
強力粉 350g → 強力粉 300g + アーモンドフラワー 50g
砂糖 40g → 20g
バター 45g → バター15g + オリーブオイル15g
塩 7g → 5g
牛乳 → アーモンドミルク

中身のカレーは、前日に作ったカレーの残りにポテトをつぶしたものを混ぜて、水っぽさを取り除いて・・・。
ちょっとサモサ的な感じの中身にしてみました。

揚げないカレーパンレシピの中で、特に参考にしたのが成形後のパン粉をつける部分。
いろいろあった中で、下記の2レシピが気になりました。

A.二次発酵の前に卵をつけてパン粉を付け、二次発酵後にオイルを垂らす。
B.二次発酵後にオイルを塗ってパン粉を付ける。

で、私は、Bの二次発酵後にオイルを塗って、パン粉を付ける方法を選択!

焼き上がりはいい感じ〜!!
でも、実は、パン粉がしっかりとくっついていないという・・・。
カレーパンを持ち上げると表面のパン粉がパラパラと落ちてしまう・・・。
IMG_2822~photo-s.jpg

ならば、次回は、Aの二次発酵の前に卵をつけてパン粉を付け、二次発酵後にオイルを垂らす。に挑戦してみたいと思います。
Aの方が、発酵と共にパン粉がパン生地にのめり込んで行くかも!?
でも、パン粉がしなしなになってしまわないか心配です。

Bのレシピでは、パン粉がかりかりっのサクッサクッになっていて、美味しかった!
IMG_2824~photo-s.jpg

IMG_2826~photo-s.jpg

その他には、同じ生地で、チョコチップとくるみの巻き込みローフを作りました。
二次発酵後、上に切れ目を入れて、アーモンドを散らして。
上の切れ目は1本だったのに、真ん中が焼きあがりの時にふくらんで、こんな形に!!
こちらはトーストにすると美味しいです。
IMG_2829~photo-s.jpg






posted by mahalobunny at 09:40| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

パン作り37-アメリカでもパンプキンパンは作れる!?

日本のかぼちゃってホクホクして美味しいですよね!
でも、アメリカのかぼちゃには、あの日本のホクホク感がないんです・・・。
かぼちゃの形をしていても、水っぽくって全然ダメ!

で、YouTubeやアメリカ在住の人のレシピを見て、
バターナッツスクワッシュが日本のかぼちゃの味に似ているというので、買ってみた。

いや・・・かぼちゃとはぜんぜん見た目が違いますが・・・。
IMG_2761~photo-s.jpg

秋になるとアメリカにはいろんな種類のスクワッシュが出てきます。
パンプキンと言われるものもあるけれど、日本のかぼちゃとは違う。
このバターナッツスクワッシュは、結構大きくって、これで3ドルくらいでした。

かぼちゃよりは柔らかいけれど、やはり切るのは大変!
それに、切った後に手の表面に糊がくっついたような皮膜のようなものができて、
石鹸で洗ってもなかなか取れなかった・・・。なぜ??アク??

とりあえず、このバターナッツスクワッシュをレンジでチンして柔らかくし、
フォークでつぶして・・・
と、ここでまた問題が。
かなり繊維質!!
筋がなかなかきれいに潰れない!!

で、ジップロックに入れて、手でプチプチ潰しました。
たぶん、フードプロセッサーで混ぜればきれいになったんだろうな・・・。

で、味は・・・
やっぱり水っぽい!!!
でも、とりあえずこれで用意したので、パンプキンパンに挑戦!

水っぽいから生地に練り込むとかなり柔らかい生地になってしまい、
強力粉を何度も足しました。
成形は、タコ糸で縛るんだけど、二次発酵と焼きで膨らんだパンに食い込んで取るのが大変!!
でも、パンプキンパンの形はなかなかかわいい感じに仕上がり、最初にしては上出来かと!!
(自画自賛!!笑)

他に人気のメロンパンとくるみ入りあんぱんも!
IMG_2780~photo-s.jpg

潰したバターナッツスクワッシュは、生地にちょっと練りこんで、
中の餡としてはちみつとシナモン、くるみをプラスして入れてみた。
アメリカ人には珍しいみたいだったけれど、なかなか好評でしたよ。
IMG_2783~photo-s.jpg

他にもまとめ焼き。
一度に焼いて冷凍庫に入れておけば便利!
左から
  • オリーブ、スイスチーズ、くるみ、黒ごま入り捏ねないほったらかしパン。
  • いちぢく、くるみ入り捏ねないほったらかしパン。
  • またまたレパード柄のリベンジのつもりで(笑)・・・チョコレート入りのふかふかパン。

IMG_2773~photo-s.jpg

今では、お店でパンを購入することがなくなったので、
まとめて焼いて冷凍庫に入れておくと、ホントに便利!




posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パン作り36-メロンパンを作って日本人宅へ!結果は・・・?

日本人のお友達のところで餃子パーティをやろう!ということになり、
今までアメリカ人にばかりプレゼントしていた自作のパンを持って行ってみようと!
パンに関しては、日本人の舌は肥えているので、ちょっと心配だったけれど・・・。

今回も、最近、かなり気にいっているレシピ
パン作り35で作った「卵とアーモンドミルク入りのふかふかパン」で。

本当にこのレシピは、日本のパンのようにふかふかに出来上がるんです!!
たぶん、元々のレシピは韓国の人のもの!?
それを塩、砂糖、バターの量を減らして自分なりに調整しています。

前回もバターの量を減らしたけれど、今回はもっと減らして、
オリジナルレシピでは45gのところを30gで焼いてみました。
パンにはベーカーズ率っていうのがあるらしいですが、
このレシピでも全然ふかふかで、ばっちり美味しい!!

今回は、
こねないほったらかしレシピ+オートミール25g+アーモンドフラワー25gで
  • 50g生地のウィンナーチーズパン 9個

ふかふかパンレシピ(2倍量=強力粉700g)で
  • メロンパン 5個
  • あんぱん 4個
  • チョコレートツイスト 8個
  • ちっちゃな食パン 1個
を作りました。
IMG_2719~photo-s.jpg

クッキー生地もザクザクに仕上がって、本当に美味しい!!
ちっちゃな食パンはトーストしてピーナッッバターとはちみつをつけて頂きました!


友達の旦那さんはアメリカ人だけど、結構グルメな方。
今回、メロンパンとあんぱん、チョコレートツイストを持って行ったら、
「すごい!!」と大絶賛!!
よかった〜〜〜!!

posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

パン作り35-久々に満足な出来!&レパード柄リベンジ?

最近ちょっとパン作りのスランプ状態に入っていました・・・。
と言うのも、友達の家に持って行くのに小さなフィンガーフードタイプのパンがいい!と思い
小さめ(生地15gくらい)で作っていたら、上手にぷっくり膨らんでくれない・・・。
やっぱり生地40g以上の大きさでないときれいに膨らまないのかな?と。

そこで、今回は、
1.いつものほったらかしパンのレシピ(+オートミール25g、アーモンドフラワー25g)で
ウインナーチーズパンを。

2.いつものほったらかしパンのレシピ(+オートミール25g、アーモンドフラワー25g+オリーブオイルおおさじ1位)で
サンドウィッチ用のパンを。これは定番。必ず作ります。

3.こねないミルクと卵入りのふかふかパンで
メロンパンとあんぱん、そしてレパード柄食パンのリベンジに挑戦!

3のこねないミルクと卵入りのふかふかパンの材料を自分流にアレンジして
2倍の量で作りました。
強力粉 350g
塩 7g             →6gに変更
イースト 6g
砂糖 40g   →30gに変更
卵 1個(55g)
牛乳 200ml  →アーモンドミルクに変更
溶かしバター 45g →40gに変更

お砂糖やバターなどは入れているうちにあまりの量に恐ろしくなってくるので、
ちょっと控えめにしましたが、
十分に美味しく出来上がりましたよ

このレシピはこねないレシピ
最初からバターも入れて、生地がまとまったら放置。
20分おきに10回程たたきつけるようにこねて、また放置。
これを5-6回繰り返します。

1.チーズパンの成形は、コッペパンのように作って、二次発酵後上の部分をハサミでちょっきん!
開いて、粒マスタードをたっぷり、ウィンナーを半分に切ったもの、チーズ、ケチャップをかけました。
ふかっふかっで美味しい!
IMG_2695~photo-s.jpg

2.いつものサンドウィッチ用のパン。
以前は切りっぱなしのラスティック風パンにしていましたが、
バターロールのように成形するとふっくらすることに気がつき、
以来その形にしています。
これを半分に切ってハムやチーズをはさんでサンドウィッチに。
IMG_2698~photo-s.jpg

3.あんぱんとざっくざくメロンパン。
今回のメロンパンの生地は大成功!!
次の日でも表面がカリカリでとっても美味しい!
クッキー生地はちょっと固めなので、平たくするのが大変でした。
だからちょっと分厚くなっているけれど、これくらいが美味しいかも!?
クッキー生地の材料は、
無塩バター 40g
砂糖 40g
溶き卵 1/2個(25g)
薄力粉 130g
IMG_2701~photo-s.jpg

あと、あんぱんの上に溶き卵を塗っていますが、いつも焼きあがった時の匂いが嫌で・・・。
今回は少なめに塗ったら、匂いもなく、きれいな焼き上がりになりました!
あんぱんには黒ごま!! 黒ごまがあるとないでは全然味が違ってくることも発見!


そして、今回のレパード柄食パンのリベンジは・・・。
やっぱりレパード柄にはなっていないけれど、切り口によっては見えなくもない・・・。
あともう一息!!
ネットで見たレシピでは、濃淡の茶色い生地を作るのですが、
濃い茶色の部分は、チョコレートチップをそのままくっつけました。
薄い茶色の生地をもっと細長くしてチョコレートチップをもっとたくさんつければ
レパード柄になるかも!?
また次回、挑戦します。
でも、この生地は、パンがさけるように剥がれるので、
日本のパンのようにふわっもちっとしてめちゃめちゃ美味しいです。
こねないし、とっても簡単!!
IMG_2699~photo-s.jpg

スランプ状態にあったパン作りですが、
久々に満足な出来になりました!
やっぱり、私の中では
ほったらかしパン+オートミール&アーモンドフラワー
それにこねない牛乳&卵入りパンが殿堂かも!?
IMG_2702~photo-s.jpg




posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

パン作り34-練乳入りパンを持って、最後の湖クルーズパーティ

2020年9月の末
アメリカ中西部の北部にあるこのあたりは、毎日の気温がコロコロと変わることでも有名です。
昼間はすごしやすい気温でも夜になるとぐっと気温が下がり、10℃くらいになることも!
いよいよ夏も終わり・・・。

このあたりの人はもうこれで最後か?最後か?と思いながら、湖のクルーズを楽しんでいます。
でも、本当にこれで最後の湖クルーズになりそう・・・。

もちろんパンを作って、クルーズの前にワインと一緒に頂きます。

今回は、前回作って美味しかったいちぢくのパンとふかふかチーズパンを大きめに作り、
フィンガーフード風にちょっとつまめるようなスイート系のミニパンをいくつか作りました。
帽子パン、いちぢくとくるみパン、チョコレートツイストなどなど。
生地は、チーズパンといちぢくパンはほったらかしパンのレシピで、バターなし。
スイーツ系のは練乳入りのレシピにしました。
IMG_2618~photo-s.jpg

練乳入りパンの材料は、
強力粉 250g
砂糖 30g
イースト 3g
塩 3g
アーモンドミルク 170ml (レシピでは牛乳になっています)
練乳 おおさじ2 (40g)
バター 20g

ミニ帽子パンはアメリカ人には甘さが足りなかったかん!?
日本人には丁度良い甘さとバター感がとっても美味しいです。

ふかふかチーズパンは、オリーブをたっぷり乗せたので、大人気!
いちぢくのパンも好評でした。


この湖の周辺には大豪邸が多く、
アメリカの長者番付上位の人たちのお家もあります。
IMG_2653~photo-s.jpg

でも、中には・・・クルーズしている時に双眼鏡で家の中をのぞいている人もいるので・・・
素敵な湖のほとりに住むのはいいけれど、プライバシーはあまり守られていないのが難点かと・・・。

クルーズは終わりでも、これから素敵な紅葉な季節がやってきます!!




posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする