2007年09月23日

文庫版「犯人に告ぐ」映画化!!

映画大好きexclamation本の映画化ってよくあるけれど、あまり本を読まない私・・・あせあせ(飛び散る汗)
でも、今回、この本は読んでみたい気になりました。
数々の賞を受賞した「犯人に告ぐ」。一億三千万人、全国民が観客の「劇場型捜査」。
おもしろそうですね。で、その本が映画化されるんですってexclamation10/27から全国順次ロードショー。
観てから読むか、読んでから観るかexclamation&question


連続児童殺害事件の捜査責任者としてテレビに出演することになった主人公-巻島史彦。
6年前、6歳の誘拐事件に関わり、その子供を死なせてしまった・・・と言う悲しい過去を持つ刑事。
その時の記者会見で思いもよらない発言により失態を演じてしまったと言う過去もある・・・。
その刑事が再び、犯人にテレビで呼びかける。劇場型捜査だ。
「教えてくれ。なぜこんな事件を起こしたのか?」と犯人に問いかける。それは打ち合わせにない展開。
あせるテレビ関係者達。だが、それは好転となり、ニュース番組の視聴率は上がり、捜査本部には犯人を名乗る手紙が殺到した。その中に・・・本物らしき手紙が・・・。

「犯人に告ぐ。おまえはもう逃げられない。今夜は震えて眠れ」と問いかける刑事巻島。

どーなるのかexclamation&question果たして犯人は巻島にコンタクトするのかexclamation&question
きゃ〜、気になりますexclamationどーなるのexclamation&question

映画「犯人に告ぐ」では、主人公の刑事巻島を豊川悦司が演じる。
予告編もあるので、是非観てみてください。
10/27からロードショー開始。
それまで、待てないexclamationそんな方は、文庫版からどーぞ。


「犯人に告ぐ」文庫版(上・下)

出版社 双葉社

発売日 9月13日(予定)

定価(税込み) 上巻630円 下巻650円
posted by mahalobunny at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック