2007年09月27日

映画「ダーティ・ボーイズ」

原作「BULLETPROOF」カチンコ1996年
私の大大大好きなアダム・サンドラーの映画です。今まで知らなかった、この映画があったとは・・・ふらふら
アダム・サンドラーって、バカバカしいコメディ映画とヒューマンドラマと両方のタイプをこなすタイプで、大好きです。ストーリーは、
マフィアの下っぱアーチー(アダム・サンドラー)と、彼の親友キーツ・ロック(デイモン・ウェイアンズ)が車の盗難をする所から始まる。
アーチーは、キーツを唯一信じられる親友だと言っているけれど・・・実は、彼はアンダーカバーの刑事でしたあ〜がく〜(落胆した顔)それも本名は、ジャック・カーター。名前まで違うんですねぇ〜。
キーツは、アーチーのおとり捜査で麻薬取り締まりを目的に一年も一緒にいたってわけ。
そんな事は知らずに、アーチーは、「明日すごい取引があるんだ!」とキーツにしゃべっちゃったもんだから、その現場には警官がいっ〜ぱいexclamation
ひょんな事から刑事だとばれたキーツは、いきなりアーチーを逮捕しようとするけれど、ちょっとしたアクシデントでアーチーはキーツの頭を打ち抜いてしまいますがく〜(落胆した顔)
なんとか一命は取り留めたものの、刑事だとバレてしまったキーツ。
傷心のアーチーは、オープンカーの中をアルコール一杯にして、荒野の高速でお昼寝。
もちろん警察に捕まりましたどんっ(衝撃)
それからは、キーツの手に渡り・・・。

観ているうちに、「いったい誰を信用したらいいのexclamation&question」って位、簡単に裏切りがある。
「ただ自分の仕事をしているだけexclamation」と言うキーツ。その言葉がこの映画のキーになっていますね。
みんな、ただ自分の仕事をしているだけexclamation×2

思ったよりバイオレンスで人がバンバン死んでいきます・・・がく〜(落胆した顔)
それがちょっと残念だったけれど、アクションとコメディ両方を兼ねた感じの映画で、結構楽しめますよ。
デイモンのしゃべり方がおもしろい。ギャング役をやっている時と、刑事役ではしゃべり方が違うぅ〜exclamation
でも、なんたって、アダム・サンドラーがめちゃめちゃいいっす。やっぱ好きだわぁ〜揺れるハート


posted by mahalobunny at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック