2007年09月19日

映画「天国から来たチャンピオン-2002」

原題「Down to Earth」カチンコ2001年
主演のクリス・ロックはあまり好きではないけれど、この映画は結構おもしろかったです。
人種問題とかさらっと言っちゃってるところとか、結構好きだわぁ〜るんるんストーリーは、
突然トラックにひかれて天国に言ったランス(クリス・ロック)。
死んだはずなんだけど、実は、天使のミスで彼はまだ死ぬ時期ではなかったことが判明がく〜(落胆した顔)OH MY GODexclamation
と言う事で、生き返らせてもらうことになったんだけど、ランスの体はもうない・・・。
だから、死んだ事にまだ誰も気が付いていない体を選んで、そこに入り込むってことに。
選んだのは、会社の社長。それもアメリカで4番目にお金持ちって人。
でも、その体は白人で、既に55才・・・。
でもぉ〜、考えている暇はないあせあせ(飛び散る汗)早くしないと、誰かが死んだ事に気づいちゃう〜。
はい。入り込みました。その白人のおじさんの体に・・・。
でも、ランスは元々、黒人でコメディアン。いきなりラップ・ミュージックに乗っちゃったり、黒人こき下ろしのコメディをステージでやっちゃったり・・・。かなり笑えますよわーい(嬉しい顔)
(黒人は黒人をこきおろせるけれど、白人がそれをやっちゃあ〜、かなり問題になりますよね・・・たらーっ(汗))
白人おじさんの体に入り込んだ黒人ランスとレジーナ・キングとの恋のゆくえ・・・。
どーなるでしょうねぇ〜。

ラストはなんだか「ええぇ〜、そんなぁ〜」と思ったけれど、ラストのラストはほっと胸をひとなで出来るような結末です。
私的には結構好きでしたるんるん
posted by mahalobunny at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック