2020年10月09日

コロナでヘアカットもできるようになった!

コロナウィルスの影響で、ヘアサロンに行くのが嫌だという相方の髪を切ることに・・・。
今までは、友達が家に来てカットしてくれていたんだけど、彼女もいろいろと忙しくなったようで・・・。
彼女のバリカンの使い方や切り方をいつも観ていたので、なんとなく雰囲気はわかる。
細かいところはYouTubeをいろいろと観て勉強しました。

日本人のヘアカットとアメリカ人のヘアカットはちょっと違う。
で、バリカン(アメリカではクリッパー(Clipper)と言います)を
使ってカットする方法を勉強。

スーパーマーケットに行くと、ビューティコーナーにバリカンが売られています。
安いものでは、15ドル前後であり、高いものでも80ドルくらい。

どれがいいのかわからず、とりあえず全て揃っていて、
バリカンとトリマーがセットになったヘビーデューティのものを購入。
髪の長さを変えられるアタッチメントが1〜12まで付いている。
40ドルくらい。
IMG_2640~photo-s.jpg



さあ切るぞ!!って時になって、
バリカンだけではダメだということに気がつきました。
床に敷くものや肩にかけるケープなども必要。

アメリカはほぼ土足なので(うちはいちおう靴を脱いでいるけれど、お客さんとかは脱がないので半土足)
簡単に新聞紙を床に敷いて、後で掃除機をかければいっか!って感じ。
ケープは、大きなゴミ袋を切って肩にかけました。

YouTubeに出ているようにトップを長めに切って、再度をフェイドさせる感じにカット。
トップ部分はハサミで切って、
サイドは、アタッチメントの6から4、3と下げていきフェイドさせました。

初めてにしてはなかなかの出来!!
友達にLINEビデオで観てもらってアドバイスをもらい完了!
これで毎月私がヘアカットすることになってしまうのか・・・?

コロナウィルスの影響で、いろんなことが今までとは同じようにできなくなり、
自分で勉強し模索する機会が増えたと思います。
パン作りもそうだし、ヘアカットもそう!
今まではプロにしかできないと思っていたことでも
自分でできることっていっぱいあるんだなぁ〜って実感!





posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]