2020年09月04日

パン作り-27 メロンパンに挑戦!

やっぱり日本を代表するパンと言えばメロンパン!!
今回は、メロンパンに挑戦してみました。

生地は、ほったらかしパンのレシピをアレンジして
なるべく低糖質になるような配合を。
A
ほったらかしパンのレシピのアレンジで、
強力粉 300gのところを250gにして
オートミール 25g
アーモンドパウダー 25g
のレシピと
B
ほったらかしパンのレシピのアレンジで、
強力粉 300gのところを250gにして
オートミール 30g
アーモンドパウダー 30g

そして、メロンパンの生地は、ほったらかし卵なしのふわふわパンレシピの2倍量。(パン作り18のレシピ)

Aの生地で、切りっぱなしのサンドウィッチ用ラスティックパンを6個。
Bの生地で、ハム&ペスト6個とウィンナーパン6個。
ペストは、庭にできていたシソを使って作りました。
(シソとニンニク、くるみ、オリーブオイル、塩)
IMG_2425~photo-s.jpg

食感は、ハムとペストの方が薄く伸ばしたからあまりふわって感じではなかったけれど、
ウィンナーの方はふわっふわっに出来上がりました。
いつもは小さなウィンナーパンを作るんだけど、パクパク食べちゃうので、
ウィンナーを半分に切って長めに成形してU字型に。
この方が食べた感じがするのでいいかも!?

ほったらかし卵なしのふわふわパンレシピは、
バターが多く、かなり柔らかくなります。
元々は食パンなどのレシピなので、成形するのがかなり難しい!
小さめのメロンパン8個
ドライクランベリー、ドライチェリー、レモンフィリング入りロール
チョコレート、ドライパイナップル入りの食パン型
を焼きました。
IMG_2436~photo-s.jpg

メロンパンは、小さめなのでクッキー部分が多くてお菓子っぽくって美味しかったけれど、
パンのふわふわ感があまり出なかった。
クッキー生地をパンにのせて丸くするのが結構難しかったわ。

ロール型は、レモンフィリングがあまり美味しくなかったので・・・✖︎。
レモンフィリングが流れ出してきて、鉄板の上で飴状態になっていた・・・。

チョコレートとパイナップル入りの山形食パン型は美味しかった。
パイナップルとチョコレートのコンビ最高!!

やはり、このレシピは柔らかすぎるので、食パンのような感じの方がよいな・・・。
次回は食パンを作ってトーストにして食べたい!

3種類のレシピをそれぞれ20gずつ、小さなパンで焼いてみた。
左からA,B,ふわふわパン。
IMG_2430~photo-s.jpg

中はそんなに変わらない感じだけど、ふわふわパンが一番味があって美味しい。
まぁ・・・かなりバターが入っているし、お砂糖も多いからね。
Aは、オートミールの味がして美味しい。
Bは、表面が固くて中ふわふわ。後味に甘味があった。
ふわふわパンは、甘味と塩味があり、後味にバターの風味があって美味しい。
IMG_2431~photo-s.jpg

と言うことで、どれも美味しかった!!
パンって、案外いい加減な分量でも、ちゃんと美味しく焼けるからすごく簡単!




posted by mahalobunny at 00:00| Comment(1) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
メロンパン作れるってすごいですね。★
Posted by アルル at 2020年09月07日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]