2020年07月04日

パン作り4-ミルクフランスに挑戦!

日本のパンやさんにあるパンの中でもミルクフランスが大好き!!
youtubeを見ていたら、ミルクフランスの中のクリームのレシピが載っていました。
で、早速ミルクフランスに挑戦!

ミルクフランスのクリームの材料は、
バター 60g
練乳 30g
お砂糖 30g
これを混ぜるだけ。

今回は、そんなにたくさん作らないので、この材料の1/4の量で作ってみた。
練乳とお砂糖は、7.5gのところ、5gづつに。
それでもかなり甘かったです・・・。
全てジップロックの中で混ぜると、お皿がバターでベタベタにならなくていいですよ。

今回も冷蔵庫でほったらかすレシピで。
インスタントイーストをうっかり多めに入れてしまい・・・3g入れました。
手ごねで10分ほど、そのあと室温発酵30分。
で、冷蔵庫へ。

今回は、イーストの量も多いし、しっかり手ごねしたので、それほど冷蔵庫で寝かさなくてもいいのかな・・・?
とも思ったんだけど、次の日にパンを焼く時間がなく、3日目に焼きました。

で・・・3日目に開けてみたら・・・こんなことに!
指を入れて発酵テストをしてみたら、周りの表面が指に引っ張られるようにずぼ〜っと入っていく・・・。
これは・・・youtubeで言っていた、過発酵なのかも??
IMG_2034~photo-s.jpg

容器の上までパンパンにふくらんでいる〜!!
大丈夫なのかな??と、半信半疑でも、このまま焼くことに!
IMG_2035~photo-s.jpg

できあがり〜!
問題なく、美味しく焼けました。
今回は、ハムをくるくるっと巻いて棒状にし、輪切りにしたものを焼いてみた。
そして、念願のミルクフランス!
IMG_2037~photo-s.jpg

またまた、給食のコッペパンのようになったけれど・・・。
焼く前に霧吹きで水をかけたので、表面はカリッとしています。
IMG_2038~photo-s.jpg

中の状態は・・・
過発酵だったのか? 一次発酵終わったあとの状態がちょっと心配でしたが、
ふわっとして美味しかった!!
IMG_2039~photo-s.jpg

ミルクフランスの甘いバターを入れると、じゅわ〜っと溶けてパンに染み込んでいった。
めちゃめちゃ美味しい!!
これはまたすぐに作らなくては!!
IMG_2040~photo-s.jpg

私は一番最初にミルクフランスを食べたのは・・・アンデルセンのミルクフランスだったように思います。
一口食べて「何これ〜!?」っていう衝撃を受けた記憶があります。
ハード系のパンが好きな私にとっては、今までに食べたことのない食感と味でした。
でも「モルクフランス食べ歩き51店」という本があるくらいだから、ミルクフランスって結構いろんなパンやさんにあるんですね。
知らなかった〜!

アメリカでは売っていないような日本の懐かしいパンにも挑戦してみたいな!
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]