2020年03月29日

本「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎

コロナウィルスの影響で、自宅待機状態が続いているハワイ
いつも本を読む時は、ジャグジーでのんびり〜って感じなのですが、
そのジャグジーもコロナウィルスの影響で使えず・・・。
ソファにごろっとして読むのも楽でいい!

ってことで、今回は積ん読本の中から「陽気なギャングが地球を回す」を読んでみました。


伊坂幸太郎氏の作品は、ずいぶん前に「ラッシュライフ」を読んでいます。
でも、全然覚えていない・・・笑。

ストーリー
人の嘘が見抜ける成瀬。
一瞬にしてスリができる久遠。
物知りで演説上手の響野。
体内時間が正確で秒単位でわかる雪子。
この4人が銀行強盗を行う。
いつものように銀行を襲って車で逃走途中、現金輸送車を襲撃した他の強盗に盗んだ4千万円を持って行かれてしまうと言う、なんとも間抜けな・・・。
でも、久遠のスリ技術?のおかけで、運転手の財布を獲得。
そこから彼らの追跡が始まり、その運転手の死体を発見・・・。


4人の強盗犯は、とっても軽快な感じで、軽く読めるサスペンスコメディって感じです。
ちょっとコメディっぽい感じなのがいい!!
うんちくも入っていて、なかなかバラエティ豊かでもありました。
最後に二転三転し、仲間でも騙し合っているんだけど、そこに愛情を感じられる感じが、また面白い!
どんでん返しは、読みながらちょっとずつ読めてしまう感じもあるけれど、
コロコロ転換する感じは「またっ!?」て感じで面白かったです。

この作品は映画にもなっているんですね。
大沢たかお/鈴木京香/松田翔太/佐藤浩市が強盗犯として演じているそうですよ。
私はまだ観ていないですが、豪華キャストでおしゃれ感もありそうで面白そう!

続編も出ているそうで、ぜひ読んでみたい!
最初の作品を読めば、それぞれのキャラクターのイメージが理解できるので、続編がある作品は大好きです!

この続編「陽気なギャングの日常と襲撃」では、四つの事件があり、それぞれが短編。
まさに軽く読めそう!

第3弾の「陽気なギャングは三つ数えろ 」では、アイドルをめぐるハイエナ記者との事件!
こちらも笑いながらもしっかりとしたサスペンス小説として楽しめそうです。

3冊まとめて購入できる[まとめ買い] 陽気なギャングならば、次から次へと読めるのでいいですね。
コロナウィルスで家にいる時ならでの、明るいサスペンス。
笑える部分も多く、面白いので気分がぱっと晴れますよ!

ラベル: 伊坂幸太郎
posted by mahalobunny at 07:31| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]