2020年01月20日

本「万能鑑定士Qの謎解き」松岡圭祐

ハワイのブックオフで購入して、ずっと積ん読本になっていた本。
万能鑑定士 凛田莉子シリーズは、1話を読んではっと思わせるようなトリビアや豊富な雑学が多彩に含まれていたので、
ストーリーも面白いし、もっと読みたい!と思って購入したのですが・・・。
今回の「万能鑑定士Qの謎解き」は、私にとっては面白いものではなかったです・・・残念。

ただ、今回は、週刊角川の記者・小笠原悠斗と莉子との関係に進展があったのがよかった!




ストーリーは、
中国から大量に入荷しているコピー商品。
製造者や出どころがわからず、対象のしようもない・・・。
そんな時、奈良時代の弥勒菩薩の洋上鑑定を非公開で行われ、公平さを欠き中国警局に奪われてしまう・・・。
その後、2回目の洋上鑑定を行い、今度は陶器の鑑定に莉子も一躍買うことに。
同じように洋上鑑定をし、公平な審査の元、日本のものとされたが、その後中国が日本に奪われたとニュースで伝えられ、その鑑定メンバーの中に莉子もいたこともニュースに・・・。

と、ストーリーを紹介しようとしても、あまり理解していないことが自分でもよくわかる・・・。
舞台が中国と言うこともあり、名前が難しく読んでいてなかなか頭に入らないのも難でした。

物語の中に安倍首相などの政治家の名前が実名で表現されていた。
また、中国と日本の関係を上手に表していたのも面白いと思ったけれど、
そのことに関してあまり知識がないことを痛感させられました・・・。

アメリカに住んでいるとあまりアジアのニュースは入って来ないけれど(ハワイにいる時にはよく聞きますが)、
中国は別。
アメリカにとって中国は大きな相手なので、よくニュースにあわられます。
でも、中国と日本の関係についてはほぼ聞くことはないので、なかなか理解できません。
もっと勉強しなくっちゃ!










posted by mahalobunny at 00:00| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白そうな本ですね。
Posted by arles at 2020年01月22日 05:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]