2019年06月20日

本「探偵はバーにいる」東直己

映画になったらしい・・・と聞いたので興味が湧き、日本のブックオフで100円でみつけたので買って積読本になっていました。

期待して読んだんだけど・・・。
はぁ〜。
私にはぜんぜん合いませんでした。
ハードボイルドがあんまり好きではないのもあるけれど、それ以前の問題で・・・。
会話があまりにも方言が多すぎるのと、バカなしゃべり方が理解できず・・・。
バカなしゃべり方と言うか、外国人??と思うくらいの日本語の下手さ加減にげっそりしました。




文章もぜんぜん頭に入ってこないし、状況を想像できない。
なので、端折って読んだので、内容もよくわからず、感想なんて書けない。
東直己氏の作品は初めて読んだけれど、もういいかな・・・。

でも、好きな人もいると思うので・・・
探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)は、私には無理でしたが、私と同じような人が「怖いもの見たさ」で読んでみるのもよいかも!?

雑誌170誌以上、マンガ20,000冊以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】





posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]