2018年03月08日

本「人魚の眠る家」東野圭吾

ハワイの図書館で借りました。
最近、東野圭吾氏の作品がこんなにたくさん出ているとは知らずに、
なにげなく図書館に行ってみたら、まだ読んでいなかった作品が2-3冊ありました。
とりあえず今回はこちら。

ストーリーは、
これから小学校に入ろうかと言う瑞穂は、プールで水の事故に遭い、脳死状態に。
臓器移植に同意しかけた母親の薫子と父親の和昌だったが、最後の最後に瑞穂の手がぴくりと動いたのを感じ、臓器移植を急遽取りやめ、継続治療を選択。
和昌は、筋肉と脳をつなぐ機器を扱う会社の社長で、脳から直接関わらなくても手足が動かせる研究をしている星野に瑞穂の手足を動かせるように依頼する。
星野のおかげで、脳死状態のみずほの手足が動くように。
もちろん本人の意識はないまま、機械で動かされている状態。
小学校入学をした瑞穂は、特別支援学校の先生、新章房子に家に来てもらい授業を受けることに。
もちろん瑞穂の意識はないまま・・・。
そんな時、街中で海外で臓器移植をうけなければいけない子供を救う会に参加したのが、新章房子と言う学校の先生。

東野圭吾作品ですが、特にミステリーではない。
けれども、これはミステリーに匹敵する作品かもしれませんね。

自分の子供がいきなり「脳死状態」だと言われたら、あなたはどうしますか?
肌は温かく柔らかく、死んだ状態とは違うのをみて、この子は死んでいると確認できるのか?

脳が機能していないのに、機械を使って手足を動かし、その子に話しかける母親。
奇妙と言えば奇妙だけど、やはり生きていると感じたいのはわかるような気がする。

なんだかとっても悲しいわ。

犯人探しはないけれど、ネタバレ
心臓移植が必要な雪乃を救う会に協力していた新章房子は、なんと薫子だったとは。
それにもうひとつびっくりした事実が・・・
それは、瑞穂が溺れた原因が、薫子の妹の娘が原因だったとは・・・。
小さいながらにも瑞穂はきっと責任感が強かったんだなと思わせます。
いとこがなくした指輪を探して、そのせいで自分が溺れてしまうとは、なんとも悲しい話です。





ラベル:東野圭吾
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「人魚の眠る家」、まだ文庫本になってないんですよね。
文庫になったら買おうと思ってたので。
楽しみに待ってます!
Posted by Yuko Honda at 2018年03月10日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]