2017年11月09日

本「スウェーデン館の謎」有栖川有栖

なかなか読書が進まないですが、やっと読み終わったので記録として書いておきます。
この本はたしか・・・日本のブックオフで買って、積読本になっていたと思います。

ストーリーは、
猪苗代にあるスウェーデン館と呼ばれる屋敷に住んでいる童話作家の乙川リュウとスウェーデン人のヴェロニカの息子、流音が沼に落ちて死んだ。
それから3年半が過ぎ、その時にスウェーデン館に滞在していた画家の綱木淑美がスウェーデン館で殺害された。
そして、次の日、淑美の妹輝美も何者かに襲われる。
近くには迫水春彦が経営しているペンションもあり、ちょうどその時、推理作家の有栖川有栖も取材旅行に来ていた。
犯人は、スウェーデン館の住人か?客か?もしくはペンションにいた人か?

---------------------------------------------------------
有栖川有栖は一人で取材旅行に来ていたけれど、事件後、いつものように火村に助けを求め、火村も参加した。
小説の中はほんの3日間の出来事でした。
スウェーデン館の母屋と離れを行き来している足跡から、ここに住んでいる者の犯行ではないか?と思わされる。
そして、ペンションの息子、大地が事件に何か関与しているのではないか?とも思わされる。

話が進んでいくうちに、スウェーデン館に引っ越してくる前に淑美とリュウとの間に不倫関係があったことがわかる。
そこからだんだんとなるほど〜と言う感じに推理が進んでいく。

ネタバレ 犯人がわかってしまうので白字になっています。反転して読んでください。

淑美を殺したのはヴェロニカだった。
流音が沼で溺れた時、淑美は沼の側でなにやら物音を聞いていた。
でも、引き返すことはなく、そのまま帰ってしまったことをヴェロニカにうっかり言ってしまったので、ヴェロニカが怒って淑美を突き飛ばし、壁に頭を強打して淑美は死んでしまったらしい。
スウェーデン館のリビングルームでの出来事で、リュウはヴェロニカが淑美を殺してしまったのを知って、
ヴェロニカに淑美を離れに運ぶように工作を考えた。
輝美を襲ったのはヴェロニカの夫リュウ。
淑美を離れに運んだ工作がバレそうになり、焦って襲ったらしい。


有栖川有栖と火村助教授の推理や、有栖川有栖の独り言のようなナレーションが結構好き!
まだ読んでいないシリーズがあるので、全部読みたいわ!







posted by mahalobunny at 00:00| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「国名シリーズ」でしたっけ?
そういえば最近読んでなかったなぁ、火村シリーズ。
そろそろ手をつけようかしら??
Posted by takoing at 2017年11月09日 21:19
有栖川さんの本、人気ありますね。
じっくり読んでみたいです☆
Posted by arles at 2017年11月11日 21:49
有栖川さんの本、人気ありますね。
じっくり読んでみたいです☆d
Posted by arles at 2017年11月11日 21:58
こんばんは☆
Posted by arles at 2017年12月20日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]