2017年01月04日

本「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」内館牧子

ハワイの図書館で借りました。
初内館牧子氏作品ですが、内館牧子さんと言えば、テレビドラマの脚本家?位しか知識がなく、とりあえず題名も面白そうだし借りてみました。
面白い!!!!!!
めっちゃ面白かったです。
源氏物語なんて全然興味なかったんですが、すっごく興味が出てきて、他の本もハワイの図書館で借りられる物をリクエストしてしまいました。



ストーリーは、
2流大学を出て、59社の採用試験に落ちてフリーターになった伊藤雷(らい)は弟の水(すい)が京都大学の医学部に合格した日、1000年前の源氏物語の世界にトリップしてしまった。
(現代の)異様ないでたちから自分を陰陽師の雷鳴と名乗り、バイトでもらった源氏物語のあらすじを元に占いや予知をして、光源氏その他の人から稀に見る能力と崇められ、みんなに頼りにされていく。
自分の居場所をみつけた雷は、ここで生きていこうと決心する。

源氏物語には全然興味がなかったので、ちょっと人物の整理を・・・。
・桐壺帝---弘徽殿女御という正妻がありながら、更衣を一途に愛し、亡き後も泣き暮れる。正妻に戻るかと思ったら、次は藤壺へ。
・弘徽殿女御---源氏物語にはあまり登場しないけれど、この物語の主人公とも言える。桐壺帝の正妻だが、帝は愛人のところにばかり行き、全然相手にされていないにも関わらず、凛々しく生きている。
・桐壺更衣---したたかなのか?かわいいのか?頼りない女の代名詞のような女で桐壺帝に愛された。
・一宮---桐壺帝と弘徽殿女御の子供。後に皇太子となり、朱雀帝になる。
・二宮-光源氏---桐壺帝と更衣の子供。後に右大将となる。
・藤壺---先代天皇の娘。更衣の死後、桐壺帝に愛されるが、光源氏の子供(若宮)を産んで、ちゃっかり桐壺帝の子だと言って育てる。
・若宮---光源氏と藤壺の子。後に春宮となる。
・葵の上---光源氏の正妻
・夕霧---葵の上の子。
・紫の上---藤壺の姪。山中の庵に住んでいた9歳。源氏が引き取りたいと言ったが祖母が反対。のちに葵の上死後、正妻になる。

今の時代、コンビニやどこでも電気があったりと便利だ。
1000年前にはこんなことはなかった。
ない時代に生まれていれば、それはそれでいいだろうけれど、ある時代に生まれて、それがなくなったらやっぱり不便だろうなぁ〜。
私も日本からハワイに移住した時に、いろんなことで妥協したし、かなり我慢もした。
それだけでも生活に影響があるのだから、1000年前の何もない時代に行ったら、それはもう大変なことだろうなぁ〜。

それにしても、昔の言葉(1000年前ではなく、この話に使われている程度の昔の言葉)はなんとも優雅で響きがきれい。
それに比べ、現代の若い子の言葉は・・・。
でも、この小説に出てくるような言葉って、本当に若い子は使っているのか???ちょっと疑問に思いました。
ちょっと大げさ気味に言っているだけなのか?
でも、言葉は生き物なので、どんどんと変わっていく。
1000年前の言葉は私にはほとんど日本語ではない。笑!
でも、そのうち、若い子達が話している言葉も私にとっては日本語ではなくなってくるのかも・・・??


ネタバレ
26年後に現代に戻ってきた雷は、元の22歳。1000年前のみんなのことが気になって気になって・・・。
戻りたいけれど、戻れない。
大后や光源氏などのその後が気になり、図書館で源氏物語を調べ始めた。
現代訳よりも原文の方が読みやすいと図書館で原文をスラスラを読み始める。
その後、自分の人生をみつけ、尊敬する師がいる大学院で源氏物語を研究していきたいと。





十二単衣を着た悪魔 [ 内館牧子 ]

十二単衣を着た悪魔 [ 内館牧子 ]
価格:831円(税込、送料込)






ラベル:内館牧子
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
柴田よしきさんの「小袖日記」も源氏物語時代にタイムスリップする話でしたっけね。
結末がどうなったのか覚えてないけど(;^^)。
Posted by takoing at 2017年01月04日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]