2016年10月05日

本「祈りの幕が下りる時」東野圭吾

ハワイの図書館で借りました。
加賀恭一郎シリーズです。
久しぶりの刑事加賀を堪能しました。
今回は、加賀のお母さんの話。いろんな謎が解けていきました。

ストーリーは、
仙台のスナック「セブン」のママ宮本康代は、知り合いから雇ってもらえないかと田島百合子を紹介された。
彼女を雇って16年後、彼女は自分のアパートで心不全で死亡していた。
彼女とつきあっていた男性、綿部俊一が、彼女の息子を調べて訃報を知らせる。息子は加賀恭一郎。
10年後、越川睦夫のアパートで押谷道子の死体が発見された。
そこから近くのホームレス小屋で焼かれた死体が発見された。
道子は、加賀も知っている女優であり脚本家の浅居博美と中学の同級生で、彼女に会いに行っていた。

ネタバレ
越川と綿部、横山は同一人物。
新小岩で焼死したのが小菅のアパートの住人越川。その正体はかつて加賀の母親と深い仲にあった綿部。
横山は、浅居博美の父親。
浅居の中学の教師であり卒業後つきあっていた苗村誠三を殺したのは浅居の父。
浅居の同級生で浅居の母を引き取りに来るように説得しに来た押谷道子を殺したのも浅居の父。
両方共、自分が自殺したはずなのに存在していることを知られてしまったために殺した。
浅居の父を殺したのは浅居。もう勘弁してくれと懇願する父の希望を聞いて絞殺し、身元がわからないように火をつけた。
浅居の母が悪い。お金を持って家を出て、残された物が苦労する。


最近思うんだけど、一生懸命コツコツと生きている人と、なんとなくいい加減に生きている人。
結構いい加減に生きている人の方がちゃんと生きていけているケースがあると思う。
真面目にコツコツ・・・なかなかみんなができることではないけれど、だからと言って幸せになれるとも限らない。
そこそこいい加減でも、ポイントだけしっかりしていれば、それが一番賢い生き方なのかなぁ〜とも思います。






ラベル:東野圭吾
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、つい数日前に文庫本で買ったんですよ〜。
だからまだ読んでない。でも加賀さんシリーズなんですよね。
先に読もうっと(^o^)
Posted by takoing at 2016年10月05日 20:57
あ、横断歩道横断、一応日本も違反なんですよ〜。
点数2点に罰金9000円、だそうです。
ただ警官が見つけたら、って但し書き付なもんで、
んでもってその警官がまずいないような場所なんですよね・・・。
Posted by takoing at 2016年10月06日 21:42
これまだ読んでないです。
文庫になってないからかな。
最近漫画ばっかりで、
文字を読んでません(^_^;)
Posted by butaneko at 2016年10月09日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]