2016年04月16日

本「銀翼のイカロス」池井戸潤

早いですねぇ〜。帰ってきてから既に1週間も過ぎてしまいました。帰ってきてからはずっと風邪で家にこもっていましたよ。
4月初めに帰ってきて、まだ雪が降っていましたから・・・。
ここ数日でやっと暖かくなってきました。
まだまだバタバタしているので、とりあえず読んだ本の感想を書きためたのがあるので、そちらをぼちぼちとアップしていきます。
これからも宜しくお願いします。

-------------------------------------------------

ハワイの図書館で借りました。
TVドラマを観ていたので、ナレーションの部分をTVのナレーション風に読んでいて、自分でもちょっとおかしくなっちゃいました。
どんな仕事でも初心を忘れちゃいけない!!
自分が最初にこの仕事をしたかった意味を忘れないようにプロフェッショナルとして誇りを持って続けていきたいわ。




ストーリーは、
経営不振の帝国航空の立て直しに曽根崎率いる審査部が担当していたのを半沢が受け継いだ。
金融庁の担当は因縁のオネエ黒崎。
新政党政権が前政権の施策を否定。
金融庁のあり方も見直しし始めた。そこで金融庁は帝国航空の見直し案の潔白を証明する為に銀行=半沢に全て責任を押し付けようとしている。
金融庁黒崎と銀行半沢のバトル!!


ちょっと複雑なストーリー・・・私の説明ではよくわからないと言う方は銀翼のイカロスをどうぞ。

作者の銀行批判がかなり盛り込まれている感じで、途中で読むのが嫌になってきちゃいました・・・。
でも、途中からトミさんが出てきて、また気持ちを盛り返した!
窓際にいるが、実はできるトミさん、頼りになるトミさん。かっこいいわぁ〜!
できることを自慢して誇示する人より、ずっと本質を得ている感じがします。
こういう表に出ていないけれど、影で頑張っている人にこそ敬意を忘れてはいけないですよね。


雑誌170誌以上、マンガ20,000冊以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】








ラベル:池井戸潤
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです〜(^o^)。落ち着かれましたか??
こちら、図書館で借りましたね。
でもTVドラマの影響が強く、読むのちょっと面倒になりました(;^^)。
Posted by takoing at 2016年04月17日 22:54
これ、定価で新品を買って読みました(^_^;)
池井戸さんの作品は、さくさく読めるのがいいですね。
明らかにJALだし、丸川珠代?蓮舫?って感じなのが
出てきてましたね(^_^;)
Posted by butaneko at 2016年04月16日 14:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]