2015年09月30日

チェルシー散策-2 駅とガゼボ

街中散策の続き・・・

とっても趣のある素敵なお家が・・・と思って近寄ってみたら、B&Bでした。
でも、不動産屋さんの看板が出ているので、売りに出ているようですね。
DSC09006.JPG

アムトラックが走っている線路を越えると、
DSC09008.JPG

ガーデン用品や鳥の餌などを売っているお店があり、
DSC09011.JPG

その先にはチェルシー駅がありました。
DSC09014.JPG

この駅は今では使用されていないようですが、アムトラックなどが通過するのに線路は使っているようです。
DSC09018.JPG

アムトラックは、80mile/HR(約128km/HR)で通過するんですね。駅があっても減速はしないようです。
DSC09015.JPG

電車が来ない時には柵がないので、線路を歩くことも横切ることもできます。
DSC09023.JPG

ここからデトロイトまで54.1(約87km)マイル。シカゴまで230.8マイル(約368km)ですって。
DSC09026.JPG

線路の向こう側には、レンガ造りの立派な建物がありました。
The Walfare Building。
DSC09030.JPG

1906年にGlazier Stove Co.の従業員のレクリエーション用に建てられたそうです。
プールとビリヤードホール、バスケットボールコート、映画館、読書室などがあったらしい。
DSC09031.JPG

その先にはクロックタワーがあり、
DSC09033.JPG

その裏を歩いていくと・・・
DSC09034.JPG

Clocktower Cazeboがありました。
結構大きなガゼボで、この屋根の中心部に立って声を出すとかなりいい感じに音が響きます。
DSC09035.JPG

ガゼボの奥には廃棄品? ゴミ? で作られたオブジェ。
でも、なんとなくきれい・・・笑!
DSC09038.JPG

そこから下に行けるようになっていて、ちょっとした広場になっていました。
椅子とテーブルがあり、とっても立派な紫陽花が咲いていました。
DSC09044.JPG

チェルシーの街を数時間堪能して、デトロイトに向けて出発です。



アメリカではわりと普通に家の庭にあるガゼボ。いかがですか?笑!!

季節ハズレですが・・・。
でも、キャンドルとか入れても良いのかも??
この記事へのコメント
アムトラック、ってアメリカ!って感じですね〜。
ガゼボ…良いお値段ですな(;^^)。
スペースはあってもテイストがあいません、はい。
Posted by takoing at 2015年09月30日 23:08
イギリス旅行記!?
と思わず思ってしまいましたが、アメリカなんですね〜。
こんな可愛い街があるんだとびっくりしました。
庭にガゼホ・・・
日本の狭小住宅では無理ですし、
建てたとしても様にならなそう(^_^;)
Posted by butaneko at 2015年09月30日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]