2012年11月26日

本「ラッシュライフ」伊坂幸太郎

なんとも複雑な・・・。

時間が行ったり来たりしているので、さらっと読んでいると混乱してしまいます・・・。

まんまと作者の思うつぼでしたわ。

きっと作者は大きなホワイトボードに時系列を書いているんでしょうね。

でないと・・・作者も混乱しちゃいそうです😃

最後でいろんな話がどこかで繋がったりしているんだけど、とにかく時間がバラバラなので、「えっ?そうだっけ??」と思ってしまう。

でも、また読み返す程の事でもないか・・・と、私的にはかなり面倒な作品でした。

好きな方は「すごい!」と言ってしまうのでしょうが・・・。

私的にはちょっと赤川次郎的なユーモアが苦手でしたわ⤵

DSC09792.JPG


ストーリーは、

・お金で買えない物はないと豪語する画商戸田と女性画家志奈子。

・被害者を思いやる泥棒黒澤。

・教祖に憧れる自殺家系の河原崎。

・ダブル不倫でお互いのパートナーの殺人計画をしているカウンセラーの京子とサッカー選手の青山。

・リストラされ40社の面接に不採用を言われ続けている豊田。

全然関係のない人達だけど、5つの話がどこかで交わっている。


駅の前にある展望台、だまし絵、「好きな日本語を書いてください」と言う紙を持って立っている白人女性、

老犬・・・共通点はあるんだけど、それぞれがバラバラであって、それでいて繋がっている。

なんともすごいパズルを経験した感じです。

まるでジグソーパズル。私的にはかなり苦手ですが・・・。


一気に読む事をお勧めします。


ここからはネタばれなので反転

途中、解体のシーンがめちゃめちゃ怖かった!

もう少しで投げ出してしまう所でしたわ・・・。

それにどーしてそんなに簡単に拳銃を手にする事ができるのか・・・?

京子はネットで購入したにしても、老夫婦はどーして拳銃を持っていたのか??

京子の拳銃が回り回って老夫婦の所に行ったのかと思っていたらそーでもないみたいだし・・・疑問だわぁ〜。

死体の解体とか、拳銃とか、空き巣とか・・・すごい犯罪をさらっと書いているあたりもちょっと苦手でしたわ。

いつもハワイの図書館で気になっていた同じ作者の「重力ピエロ」・・・読むべきかどうか・・・悩む所です。


雑誌170誌以上、マンガ20,000冊以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】





ラッシュライフ(DVD) ◆20%OFF!

ラッシュライフ(DVD) ◆20%OFF!


価格:3,192円(税込、送料別)

ラベル:伊坂幸太郎
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
基本、怖いという類の本はいつまでも怖くてビクビクしちゃうので、レビューで「怖い」とあった本は絶対手にしない麻能です(苦笑)
Posted by 麻能 at 2012年11月26日 21:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]