2011年06月19日

映画「The Switch」

明日から数日Windy stateシカゴに行って参ります。
その間、ブログの更新はお休みします。今まで結構毎日ずぅ〜っと続けて更新しているので、ちょっとお休み眠い(睡眠)

シカゴは、NY、LAに次いでアメリカ3番目の大きな都市です。
郊外にはのんびりお茶できるカフェがあり、ダウンタウンには大きなショッピング・ストリートがあります。
いろんな国籍の方もたくさんいて、国際色豊かな食事も楽しめます。
日本を離れて20年近くもアメリカに住んでいると、どーしても日本食を探して、せめてアジア料理を食べたいexclamationと思うのですが、今回は美味しいシーフードなどを食べようかなぁ〜と思っています。
Happy Hourの情報もキャッチしたので、すっごく楽しみるんるん

それでは、また帰って来たら皆様の所に訪問させて頂きます。

***************************************************************

原題「The Switch」2010年
邦題はなんでしょうかねexclamation&question日本で公開されたんでしょうか??
私的にはかなりおもしろかったでするんるん
ジェニファー・アニストンは好きな女優で、いつ観てもかわいいなあ〜って揺れるハート
途中まで観ていた、「あぁ・・・話は見えたな」と思ったら、そーでもなかったがく〜(落胆した顔)
The Switchと言う題名・・・途中でなるほどねひらめきだからかぁ〜と思いました。

switch.jpg

ストーリーは、
NYでバリバリ働くキャリアウーマン、40歳を過ぎ、なかなか理想のソウルメイトに会えないキャシー(ジェニファー・アニストン)は、精子のドナーを求める事にした。それも、精子バンクからではなく、いつでも会えるような相手を・・・。
親友のウィリー(ジェイソン・ベイトマン)は、なぜかおもしろくない・・・ダッシュ(走り出すさま)
そこへキャシーから「妊娠しますパーティ」(ドクター同席でその日に精子を採取し注入するらしいあせあせ(飛び散る汗))に呼ばれて出向くものの、とんでもなく酔っぱらってしまい、トイレでドナーの精子が入っていたジャーをふざけてシンクに落としてしまう・・・がく〜(落胆した顔)
仕方なく自分の"素材"をそこに入れて難を逃れるが・・・相当酔っぱらっているウィリーは、翌日にはそんな事ぜんぜん覚えていない・・・あせあせ(飛び散る汗)
そうとは知らず妊娠したキャシーは故郷のミネソタで子供を育てる事にした。
「私よ、キャシー。NYに戻る事にしたのexclamation」とウィリーの元に電話がかかってきたのは7年後。
子供は既に6歳になろうとしていた。
なんとも堅物で理屈っぽい6歳の男の子、セバスチャンにご対面したウィリーは、「どーしたんだ、この子exclamation&question」と思っていたけれど、だんだん自分の子供の頃に似ているセバスチャンがかわいくなり、セバスチャンもウィリーになついて来る。
そして・・・ひょんな事からセバスチャンが自分の子供だと言う事に気づくウィリーがく〜(落胆した顔)
ついでにキャシーの事を愛しているとも気づいてしまった。←遅い・・・たらーっ(汗)
そんな時、キャシーは、ドナーのロナルドとデートに出向いて行き、だんだんと親密な関係に揺れるハート
あせるウィリー。なんとかセバスチャンは自分の子だと話さなきゃ・・・でも・・・なかなか言い出せない。
そうこうしているうちに・・・ロナルドがキャシーにプロボーズすると言う・・・どーするウィリーexclamation


Sperm(精子)をその場の状況でingredientsと言ったり、offeringと言ったり・・・わーい(嬉しい顔)
はたまた「妊娠をハイジャックしちゃった」と言う表現にも笑えます。

セバスチャンの登場で、お決まりの「きゃ〜、ウィリーそっくりexclamation」と言う期待は裏切らなかったですね。
なんともかわいいリトル・ウィリー揺れるハート
あまりにも似ているので微笑ましいです。
そんなセバスチャンが集めているのは、写真立て。それも新品でなければダメ。と言うのは、写真立ての中に入っているサンプルの写真が「一番大切な部分」だからexclamation
サンプルの写真をそのまま写真立てに入れて、自分の部屋に飾っている。
ウィリーが「どうして自分達の写真を入れないの?」と聞くと、「みんなどうして同じ事を聞くんだろう?」と疑問に思うセバスチャン。でも、きっとこの質問に答えたのはウィリーにだけだと思う。(そこに大きな信頼関係が出来ている)
サンプルの写真を見ながら「これはお父さんのお父さん。僕のおじいちゃんで、こっちがお父さんのお兄さん。新品のipodをプレゼントしてくれたんだ。でも・・・きっと誰かのを盗んだんだよ・・・だって元々音楽が入っていたんだもん」とさらっと嘘の話を言うセバスチャンに、「お父さんいないんだ・・・」と言う哀愁が見える。

笑えるだけのコメディかと思ったら、とても温かい良い映画でした。
ウィリーのネガティブ光線はちょっとうざいけれど、私的にはかなりお勧めの映画です。
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(8) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
20年も住んでおられるのですね。
凄いですね。
Posted by アルル at 2011年06月21日 06:01
とことんボケてますね〜(;^^)
そうそう、ERがそうだった!やだもう・・・。
記事お休み中なのに、コメントありがとうございます!
Posted by takoing at 2011年06月21日 00:26
シカゴ…日本から日系の直行便が出た記憶があります。
20年も住んでおられるのですね。
凄いなぁ。
Posted by 麻能 at 2011年06月20日 14:59
この映画は公開されてないと思います。
いきなりDVDになりそうですけどね(;^^)
シカゴかぁ〜「グレイズアナトミー」がそうだっけ?(;^^)
ごゆっくりしてきて下さいね〜!

Posted by takoing at 2011年06月19日 21:00
シカゴと言えばミュージカルを思い出しますd(^_^*)
楽しんできてください!
Posted by butaneko at 2011年06月19日 19:06
シカゴ…
シカゴってなんか響きがいいですよね…(私だけかな)
お気をつけて行ってらっしゃいませ〜♪

旦那の実家が海から遠くて、魚と言えば淡水魚ばかりです…
私もウダンが恋しいです(´つω;`)
私は今回インドネシアに住むことになってやっとサンバルの良さが分かってきました(笑)
ポテトにつけるのが大好きで(日本ではケチャップをつけるのは嫌だったのに)、マックやKFCでは弟や旦那より大量に消費しています(笑)
Posted by Putri at 2011年06月19日 17:48
シカゴですか!!
今度のNYはシカゴ経由です(^−^)

ジェニファー・アニストン可愛いですよね。
大好きです♪
この映画、観たいなぁ。
Posted by ジャズ at 2011年06月19日 17:05
邦題まだ、未定なのかな〜???
Posted by ツボ at 2011年06月19日 16:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]