2010年10月04日

映画「小さな命が呼ぶとき」

原題「Extraordinary Measures」2010年
邦題では「小さな命が呼ぶとき」となっていて、原題とは観る視点が違うのかなぁ〜と思いました。
原題では、ブレンデン・フレーザー側になっている題のような気がします。

ハリソン・フォードは、既に60歳を過ぎているだろうに、相変わらず良い体してますねるんるん
それに比べて・・・ブレンデン・・・がんばってくれよ。どんどん太っていくじゃないか・・・ふらふら 昔は結構好きだったのに・・・バッド(下向き矢印)
この映画、実話に基づいたお話なんですね。
DVDのSpecial Featuresでは、実際のジョンが出て来て、なんともポジティブな感じの方でしたわーい(嬉しい顔)
モデルとなった2人の子供も出ていました。
映画で観るのとはちょっと違うので、やっぱり映画は美化されているんだなぁ〜と実感。
extraordinary.jpg

ストーリーは、
ジョン・クロウリー(ブレンダン・フレイザー)と妻アイリーン(ケリー・ラッセル)の間には3人の子供がいる。
が、そのうちの2人が稀にみる難病"ポンペ病"にかかっている。
治療薬もなく、平均寿命9歳と・・・なんともはかない命もうやだ〜(悲しい顔)
娘のメーガンは、8歳の誕生日を迎え、突然の発作。
主治医には「心の準備を・・・」と言われたものの、なんとか峠を超え生き延びたぴかぴか(新しい)
娘を失う恐怖を味わったジョンは、以前から調べていたポンペ病の専門家であるロバート・ストーンヒル博士(ハリソン・フォード)を訪ね、なんとかホンペ病に効く薬を開発してくれexclamation×2と懇願。
が・・・このボブ博士・・・なんとも偏屈野郎。
「そんな時間があったら子供達と一緒に過ごしてやれ」とジョンにお説教ふらふら
ボブは、ポンペ病に関しては、一二を争うほどの技術を持っているけれど、大学は・・・研究費にお金を費やすよりフットボールチームにお金を費やしているらしく爆弾、なかなか研究がはかどらないふらふら
そんな状況に飽き飽きしたボブは、ジョンに「会社を起こさないかexclamation」と持ちかける。
安定した企業に勤めているジョンには、一大決心だが、ここはひとつ賭けてみるかexclamation×2とボブに賛同。
ジョンは営業マンとして、ボブは研究者として2人3脚でなんとか会社を築いて行く。
いろんな事を乗り越えていよいよ薬が認可されるぞexclamationって時には、いろんな事がありすぎて、ジョンとボブの仲に隙間が・・・。
お互いに自分の夢をかけ、めちゃめちゃ無茶をしながらも努力(まさしくExtraordinary measures)し続けた結果が・・・。

とても重い話なのに、ハリソン・フォードの奇想天外なおやじぶりとか、病気でありながらめちゃ明るいメーガンに笑わされる。
ある意味サクセス・ストーリーって感じなので、最後まで観ても心が癒される。
とても良い映画でした。

でも、私としては、アメリカでは保険が高い事や保険がなければどれだけ大変か・・・って事にももっと触れて(批判して)ほしかったなぁ〜。

小さな命が呼ぶとき 【DVD】

小さな命が呼ぶとき 【DVD】

価格:3,152円(税込、送料別)

posted by mahalobunny at 00:00| Comment(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブレンダン、撮影に失敗して、
顔が横に伸びたように写ってる
わけじゃないんですね(^_^;)
あんまり日本では話題になってない
映画かと思いますが、
いろんなの見られてるんですね^^
Posted by butaneko at 2010年10月04日 21:30
難病の研究、ってその罹病人数で予算が決まる、とか聞いたことあります。
何千人に1人なんて病気だとまず研究者もいないとか・・・。
なぜ難病が発生するのか?難しいですね。
イベントの日は台風が近くを通過した関係でメチャ寒かったんですよ。
その前日は袖なしでうろついてたけど、イベントの翌日は長袖・・・
週末はダウンを着ている人もいるくらいでしたよ〜。
日中は暑い時もありますが、上着1枚は必須かなぁ。
Posted by takoing at 2010年10月04日 20:55
よさそうな映画ですね。
Posted by アルル at 2010年10月04日 11:33
Aloha〜♪
mahaloさんのお勧めのお店を教えてくれて
マハロ〜。さっそくメモしました〜。

アメリカって保険がきかないから、医療費に莫大なお金を払うって聞きますよね?ワイキキビーチで他にも人がた〜くさんいたのに、私だけ蜂に刺された時病院に行きましたが…保険に入って行ってよかったです。つうか、去年もビーチにいると、私を目掛けて蜂がやって来て大変だったんですよ〜。どうしてなんでしょうね?(-"-)
Posted by hiroro at 2010年10月04日 08:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]