2009年09月08日

映画「デュプリシティ/スパイはスパイに嘘をつく」

原題「Duplicity」2009年 日本語公式サイト
この副題「スパイはスパイに嘘をつく」まさに、そのとおりの映画って感じです。
だんだん観ているうちに、みんなを疑ってかかるようになっている自分がいて、裏の裏をかいているんじゃないかexclamation&questionとか思ったりしてわーい(嬉しい顔)
ちょっと「オーシャンズ11」の部類に似ているなぁ〜とも思いました。
監督は、映画「Michael Clayton(フィクサー)」のトニー・ギルロイらしいですよ。
コメディexclamation&questionって感じのサスペンスですね。
duplicity.jpg
この映画、企業の新製品に対してのコピー(と言うのか?)や、アイデア争奪戦みたいな物を風刺している所が結構おもしろいです。

ストーリーは、老舗のB&R社から奇抜な新製品が発売されると聞き、ライバルのエクイクロム社の社長ディック(ポール・ジアマッティ)は、スパイを使いどんな製品なのか探り出そうとする。
B&R社が雇ったのは、元CIAのクレア (ジュリア・ロバーツ)。
エクイックロム社が雇ったのは元MI6のレイ(クライヴ・オーウェン)。
お互いに情報を探り出そうとするのだが・・・。
実は、この2人。なんと恋人同士揺れるハート
で、新発売での大金を狙い、企業を騙そうとしているらしい。
が・・・。

最後まで観てみると、結構シンプルなストーリーなんだけど、途中で、「3年前」とか「18ヶ月前」とか、さかのぼるから、ちょっとわかんなくなってきちゃう〜状態でした・・・ふらふら
だんだん現在に近づいてくると、話は見えてくるんだけど、ならばどーしてあの時、初めて会ったような会話をしているわけexclamation&questionと疑問が出てくるんだけど、それも後になれば、なるほどぉ〜ひらめきとわかることなんです。
だから、ストーリーは、詳しくは話さない方がおもしろいかも?
まぁ、観てみてください。
コメディのような、ちょっとおちゃらけたスパイ映画のような・・・。
娯楽映画ですね。


posted by mahalobunny at 08:33| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。