2009年04月27日

映画「センター・オブ・ジ・アース」

原題「Journey to the Center of the Earth」2008年
これまた大好きなブレンデン・フレーザーの映画です。彼の映画は、すっごく久しぶり。
(最近、好きな俳優の映画が多いなぁ〜)
で、この映画は、3Dだったんですね。DVDだったので、普通の映画でした・・・あせあせ(飛び散る汗)
最近、3Dの映画がよくあるようだけど、3Dだったら映画館で観れば良かったかなぁ〜。

ストーリーは、
冴えない地質学者のトレバー(ブレンデン・フレーザー)は、うっかり甥っ子シェーン(ジョシュ・ハッチャーソン)を預かる事を忘れていて・・・。
PSPにしか興味がなさそうな今時のシェーンは、おじさんトレーバーには感心なし・・・。
そんな時、過去に取り付けたアイスランドの地震調査装置が異常な計測値を示していることに気が付く。
学者は、思い立ったが吉日で、即行動exclamationと言うわけで、トレバーは、シェーンを連れて、アイスランドへ。
「費用はどーするの?」そこで、シェーンは、トレバーの貯めた山ほどの小銭を眺める・・・あせあせ(飛び散る汗)
こんなんでアメリカからアイスランドに行けるかぁ〜exclamation&question
っと、ここだけではなく、突っ込みどころ満載ですわーい(嬉しい顔)
でも、それはファンタジー映画と言う事で・・・目をつむりましょう。


アイスランドでは、現地山岳ガイドのハンナ(アニタ・ブリエム)と一緒に山にたどり着いたら、いきなり激しい落雷が・・・雷
洞窟の中に非難したのはいいけれど、そこへ閉じ込められてしまったがく〜(落胆した顔)
なんとか、洞窟の中を進むことになる3人は、とんでもない世界に入って行ってしまうんです・・・。
と、ここから地球の中心の旅がはじまるんですねぇ〜。

ブレンデンのおまぬけな感じのコメディっぽさが好きなんだけど、この映画でも、なかなかまぬけっぷりを発揮してくれています手(チョキ)
CGいっぱいで、「あっ、ここきっと3Dだよねるんるん」なんて言いながら、「あり得ないでしょう・・・あせあせ(飛び散る汗)」と突っ込みながら・・・なかなか楽しんで観られた映画でした。
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック