2008年08月13日

またまた賞味期限切れ・・・

7府県に牛丼2・6トン流通 期限切れ、大半消費か
またまたこんなニュースが・・・。
ここ数年、やたらとこういうニュースが多いですよね。
アメリカに住んでいると、賞味期限って、ぜんぜんあてにならないのがよくわかります。
と言うのは・・・

日系のスーパーマーケットなどで、賞味期限切れのお菓子やレトルトなど、平気で売っているので・・・。もちろんセール価格にはなっていますが、「賞味期限切れているから安いのね」と思って買っています。
日本でそんな事があれば、またまたニュースになるんでしょうが・・・あせあせ(飛び散る汗)
日本の賞味期限って、あくまでも美味しく食べられる期限であって、腐るまでの期限ではないのでは・・・exclamation&question
ならば、表示を2段階にするとか・・・なにか工夫をするべきだと思うのですが・・・。

確かに食べられないで困っている国の人達もたくさんいるなか、日本のように、すぐに食べ物を捨ててしまうのは、とってももったいないし、恥ずかしい事でもあると思うんです。

アメリカでは、レストランで食べ残した物は、ボックスに入れて持って帰る事ができます。
食べないときもあるけれど、再調理したり、次の日のランチに食べたりと、なるべく無駄にしないようにしているけれど、日本ではなかなかそうはいかないようですね。
日本のいつも行くイタリアンレストランでその話をしていたら、「お持ち帰り用としてライセンスが必要なんですよ」って言っていました。
安全性を考えれば、ライセンス制度はいいかもしれないけれど、持ち帰った物に関しては、個人の管理、個人の責任において判断してもらえばいいと思うんですけれど・・・。

早すぎる賞味期限の設定、なんとかしなきゃexclamation
「もったいない」を国際用語として広めたいなんて言っている割に、かなりもったいない事をしている日本の矛盾がよぉ〜く見えるような気がしますダッシュ(走り出すさま)
ラベル:ニュース
posted by mahalobunny at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック