2020年04月24日

ホノルル・レイル・トランジットの一般公開行ってきました〜!

---お知らせ---
この記事は、2020年2月にホノルル・レイル・トランジットの一般公開に行った時の記事です。
いつも記事を書いているTrip Partner用に書いたものですが、記事は受け付けられたけれど、COVID-19の影響か?なかなかアップされない・・・。
と言うことで、時期が旬を超えてしまうので、ここでご紹介します。

------------------------------------------------
オアフ島に電車が通る!!
と、最初に聞いた時には、こんな小さな島に電車なんている!?
それも莫大な予算を使って・・・???
と思っていました。

ついつい、最近までは・・・。

先日、パールリッジセンターのちょっ先にあるリーワード・コミュニティ・カレッジにできた電車の駅で初の一般公開があったんです。
興味本位で行ってみました。
で!!
気持ちは一気に変わった!!

IMG_8799.jpg

電車いいわ〜!
ハワイらしく、電車にサーフボードも持ち込めるんです!
TheBusだと、渋滞に巻き込まれるといったいいつ到着!?という感じですが、電車だったら渋滞なし!
なんと言ってもバスと同じ料金で乗れるらしい!
今現在では、大人$2.75です。
ならば!
バスより電車を使うよね!

2020年10月末にはカポレイからアロハスタジアムまで開通する予定です。
そして、2025年にはアラモアナセンターまで繋がるらしいですよ。
空港からアラモアナセンターまでは、たったの16分で到着するそうです。
スーツケースなどの荷物も乗せられるので、旅行客には強い味方となること間違いなしです!
今までシャトルやタクシーなどで渋滞に巻き込まれ30分もかかっていたことを考えたら、めちゃめちゃうれしいですよね!
アラモアナセンターからの移動はタクシーでワイキキまで行っても大した金額ではないし、UBERを使うって手もあります。

観光業には大きな痛手になるかもしれませんが、またその頃には何か違う手段で新しいビジネスを考えることでしょう。



---2020年6月26日追記---
案の定・・・工事は遅れているようです。
でも、今回は、コロナウィルス(COVID-19)の影響もあるようですよ。
最終的な開通は、2025年の予定だったのが、2026年3月になるようですね。
と言うのも、レイル・トランジットの建設費用のほとんどは、ホテル税や物品税で賄われているので、今回のコロナウィルスの影響で観光業に大きな打撃があり、その税収が見込めなくなり、建設資金が5億ドルほど不足する可能性があるそうですよ。








海外のレストランの席の予約だけしたい時には、
こんなサイトを使ってみると無料でスムースに予約ができます。


ハワイのホテルは高い!
ここで探してみると案外安いホテルが見つかるかも??

なかなか良いツアーが見つからない時には、
自分でオーダーメイドの旅行を企画するのもよし!
行きたい旅行について問合せフォームに入力し、
旅行会社を選択・提案依頼を送信するだけで、
希望にぴったりの旅行プランを無料で提案してもらえます。
そのうえクオカード1000円分もらえるらしい!


posted by mahalobunny at 00:00| Comment(0) | Webサイトに載った記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

【コロナウィルス】4月中旬ハワイの様子

なかなか猛威を沈めてくれないコロナウィルス(COVID-19)ですが・・・
世界に比べると感染者は少ない日本ですが、それでもかなりの方が感染していて、
日本でも大変なことになっていますよね。

ハワイでは、3月上旬に1名の感染者が出て以来、政府の対応はすっごく迅速で、
あれやこれやの対策を立て、なんとかおさえこもうと頑張っています。

3月のハワイの様子はこちらでご紹介しています。
コロナウィルスの経緯 in Hawai】ハワイの対応は早かった!!

それから半月ちょっと経って、ハワイの今の状況は・・・?
4/18現在で、ハワイ全島での感染者は574名。
オアフ島 382名
マウイ島 102名
カウアイ島 21名
ハワイ島 61名
モロカイ島 2名
保留 6名

やはり都会であり、観光客の玄関とも言えるオアフ島での感染が一番高いですが、
その中、カウアイ島は21名と、かなり頑張っています。
カウアイ島では、早くから外出禁止措置を厳しく行っていて
また、島民もみんなそれに従っていたようなのが良かったようですね。

それを指揮しているのが、カウアイ市長のデレック・カワカミさん(Derek Kawakami)。

なんとなくぬぼ〜っとした風貌ですが、なかなかしっかりカウアイ島民をコントロールして、頑張っておられます。
ハワイのニュースチャンネル「khon2」で紹介されていますが、ticktockでダンスをしている市長・・・ちょっとお茶目です。
こちらで観られます。(英語)

先日、トランプ大統領がそろそろ経済活動を開始しょう!と言っていましたが、
ハワイでは、最初からかなり厳しい方法でコロナウィルスを管理しょうとしていたので、そうそう早くには開始されないのではないか・・・と思います。

今のハワイの状況は、
4/17から一時的にビーチを全面的に閉鎖しています。
ビーチと言うのは、砂浜のあるところで、海の中ではない。
ビーチで立ち止まったり、寝そべって日焼けしたり・・・こういうことは禁止ですが、
ビーチを横切って海に入り、エクササイズ(水泳やサーフィンなど)は大丈夫!
釣りは一人でするならば大丈夫。
ボートに乗ったり、ハイキングも同じ家に住む人以外ならば2名以上で行ってはいけないんです。
その場合でも、20フィート(6メートルくらい)の間隔を取っておけば大丈夫。

そうなんです!
自宅待機命令と言うのは、何も監禁状態になっているわけではない
外に出て、軽いエクササイズなどはしても大丈夫なんですよね。
でも、ポイントは、人と近寄ってはいけない!と言うこと。
一人で楽しむ分には、周りに人がいなければ大丈夫なんです。

そこのところを理解すると、それほどストレスなく過ごせるのではないでしょうか・・・?

ラッキーなことに、私たちにはインターネットと言う強い味方があります。
これが・・・50年前だったら・・・本当にひとりぼっちになってしまいますが、
今はインターネットでみんなと話しもできるし、繋がっていることも可能。

私もひとりで!住宅街の散歩を楽しんでいます。
IMG_1188-s.jpg

通りに咲いている花を楽しんだり、
IMG_1250-s.jpg

高台からの気持ちの良い風や景色を楽しんだり、歩くことでストレスを発散しています。
IMG_1236-ds.jpg

その他にもハワイでは、スーパーマーケットなどに入る時には人数制限がされているとか、
レジや外で待つ時にも6フィート(2メートルほど)の間隔を開けて並ばなければいけないなどの規則があります。
IMG_1211-s.jpg

あと、公共の場では、必ずマスクをつけなければいけない!
これは、お店に入る時などの場合ですが、銀行に入る時やATMを使う時は例外。強盗と間違えられても困りますしね・・・。
アメリカでは、医療従事者が必要としているN95などのマスクは一般の人には使わないように言っています。
と言うのも、品薄で、本当に必要な人に回らなくなってしまうから。
そこで、布製のマスクを推奨していて、みんな手作りのマスクを始めたら・・・
ウォールマートの生地売り場の布は完売!!
耳にかけるストラップなども売り切れです。
IMG_1209-s.jpg

生地専門店のファブリック・マートは、必要不可欠な事業ではない!と言うことで閉鎖を余儀なくされています。
と言うのも、人々が殺到して毎日行列ができていたとか・・・。
それでも、布製のマスクをしろ!と言いながら、生地は買えない・・・では・・・どーすればいいの!?
私は家にあった残り生地や新品の枕カバーなどで作りました。
耳かけ部分のゴムも購入できなかったので、Tシャツを切って・・・伸びるので・・・笑!
IMG_1200-s.jpg


ハワイ州に入る時、もしくは島間の移動でも、14日間の自己隔離が強制されている中でも、
毎日100名前後の観光客がハワイに来ています。
その中で、自己隔離できない状況の人は、強制的にお帰り頂いているそうです。

私も、4月上旬にアメリカ本土に移動する予定が、のびのびになっています。
そろそろ一部の州で経済活動が始まるとニュースで聞いて、人が動きだす前に移動した方がよいのでは??
と思い、近々移動します。
ユナイテッド航空では、ホノルルから本土への便はサンフランシスコ便しかなく、みんながそれに乗るのでかなり混むのでは?
と危惧していますが、問い合わせてみたら、乗機率は1/3ほどだそうで、なんとかソーシャル・ディスタンシングが取れるかと思っています。


薬が開発されるまでにはまだまだ時間がかかるようなので、
長期戦になるかとは思います・・・。
みなさまもくれぐれもお気をつけくださいませ。



posted by mahalobunny at 06:38| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする