2011年11月16日

本「スローグッドバイ」石田衣良

なんともサラサラと気持ち良く読める小説でした。

石田衣良は、「Reverse」を初めて読んで、Eメールでそれぞれを偽る男女の話がすっごく今っぽい感じがして、またこの人の本を読んでみたくて選んでみました。

ほんの数年前までは本当に全然と言っていいほど本を読まない私だったので、

こんな新しい感覚の本があるのか❗とちょっと感動しましたよ😃

めちゃめちゃライトで読み易い。

10編の短編恋愛集。


1つだいたい20-30分で読めるので(私はたぶん人より読むのが遅いです・・・💦)、

ジムでエリプティカルをやっている時に1つ、

ジャグジーにゆっくり浸かりながら1つ。

と言う風に楽しみました。

DSC08193.JPG


ストーリーは、

さよならから始まる恋人たちの物語。

失恋して心を閉ざした女の子、セックスレスに悩む女性、コールガールに思いを寄せる男性など、「恋する人たち」をやさしい視点で描いた10編の物語。著者初の恋愛短篇集。---amazon.co.jpより引用---

解説は、精神科医の香山リカさん。こちらも面白かったです。



楽しく読めたんだけど、時々いらぬ「おしゃれぶった表現」がちょっとハナに付く感じが・・・しませんか⁉

たしかbutanekoさんからもらったコメントで、彼はナルシストと言っていたけれど、そんな表情がちらほら見える感じがしました。

その分、ちょっと冷めると言うか・・・。


でも、小さな恋愛ストーリーを読んでいて、「こんなにワクワク恋をしていた頃もあったなぁ〜」なんて・・・

まるで今は恋をしていないみたいだけど、今の恋愛は若い頃の恋愛とはかなり違う。

だから余計にこういうストーリーは新鮮なのかもしれないですね。


ラベル:石田衣良
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする