2011年11月08日

江戸東京たてもの園 in 小金井 東ゾーンその2

江戸東京たてもの園の東ゾーンの続きです。
こちらは子宝湯(銭湯)
私は小さい時、家にお風呂がなく銭湯に行っていました。それを一緒に行った彼女に行ったら「スーパー銭湯ならば知っているけれど、銭湯には行った事がない」との事。年齢のギャップを感じてしまったダッシュ(走り出すさま)
DSC00506.JPG

女湯に男性が入れるのは、こういう所だけですよねわーい(嬉しい顔)
DSC00507.JPG

昔の広告などもそのままに。
DSC00508.JPG

1929年(昭和4年)の建物とはいえ、男湯と女湯の仕切りが低いような気がしますあせあせ(飛び散る汗)
これじゃあ、背伸びしたら見えちゃいそうですよねがく〜(落胆した顔)
DSC00509.JPG

こちらは女湯。やっぱり富士山は男湯にあるものらしいですね。
DSC00510.JPG

こちらは鍵屋(居酒屋)。
台東区下谷の言問通りにあった居酒屋らしいです。1856年(安政3年)に建てられ、震災、戦災をまぬがれたらしいです。
建物と店内は、1970年(昭和45年)頃の姿に復元しているそうですよ。
DSC00511.JPG

冷や奴60円、一番高いのでもどじょう柳川が180円。
DSC00512.JPG

ひとつひとつのお店を見ているととっても楽しいのですが、小さな範囲にいろんなお店があるので、行ったり・・・来たり・・・わーい(嬉しい顔)
DSC00513.JPG

子供達は、昔の遊び竹馬などで楽しんでいるようです。
奥の方にあるドラムかん。小さい時に工事中の広場などで遊んでいた時にそこらじゅうにあったそうですね。
私は見かけた事がないかも・・・exclamation&question
DSC00514.JPG

乾物屋さんの大和屋本店。
港区白金台に1928年(昭和3年)に建てられた木造3階建てのお店です。
DSC00515.JPG

乾物屋さんだけど、たばこも売っているような。こういうたばこやさんって懐かしいわぁ〜。
DSC00516.JPG

するめや昆布などがずらぁ〜っと並んでいました。本物なのかなぁ〜exclamation&questionとそばにいた係の方に聞いてみたら、全てゴムでできたレプリカだそうです。樽の中に入った大豆も全て。ちょっとびっくりですexclamation
DSC00517.JPG

こんな小径なども昔はいろんな所にありましたよね。
DSC00518.JPG

こちらでは、木で何やら作っているようです。
DSC00519.JPG

上野消防署
DSC00520.JPG

万世橋交番
デザインや建築様式から明治時代のものと思われているそうですよ。
正式名称は、須田町派出所と言うらしい。
神田の万世橋のたもとにあり、移築の時にはトレーラーでそっくり運んだそうです。
DSC00521.JPG

一緒に行った彼女曰く「おっしゃれぇ〜揺れるハート」これをおしゃれと思うのは若い子で、これを懐かしいと思うのは私たちの年代なんですねふらふら
それに「レトロ〜ぴかぴか(新しい)」とも・・・。これはレトロではなく本物ですたらーっ(汗)
DSC00522.JPG


帰りにショップをちょこっと覗いて帰って来ました。
DSC00525.JPG

かわいい手ぬぐいなどがあって、「欲しい揺れるハート」と思ったけれど、手ぬぐいって結構高いんですね。びっくりです。
DSC00526.JPG

たてもの園を出た所では、三福だんごと言うおだんごを売っていたので買ってみました。
おだんごがちょっと甘めで、お醤油味。なんとも香ばしくって優しい味でした。
DSC00527.JPG

ここを出たのはお昼頃。入る時には渋滞していなかったけれど、出る時には入り口側がすっごい渋滞あせあせ(飛び散る汗)
みんなで口を揃えて「早く来て良かったねぇ〜わーい(嬉しい顔)
ラベル:東京
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(4) | ---東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする