2011年11月07日

江戸東京たてもの園 in 小金井 東ゾーンその1

江戸東京たてもの園の東ゾーンに行く途中センターゾーンの旧自証院霊屋(きゅうじしょういんおたまや)と言うお寺のような所を通りました。
旧自証院霊屋は、尾張藩主徳川光友の正室千代姫が、彼女の母君お振りの方を供養する為に建立した霊屋だそうです。
DSC00481.JPG

ちょっと中国っぽい感じexclamation&question このような建物を金沢に行った時に見た事ありました。
DSC00484.JPG

きれいな彫刻や色で飾られています。
この建物は、東京都の文化財指定を受けているそうですよ。
DSC00485.JPG

そして東ゾーンへ。東ゾーンは、昔のお店、銭湯、居酒屋等を通して、下町の風情を楽しむ事ができます。

まずは村上精華堂(化粧品屋)
台東区池之端の不忍通りに面してたっていたお店だそうで、昭和前期には、化粧用のクリーム・椿油や香水などを作って、卸売りや小売りをしていたそうです。
建物の正面はには人造石洗い出しで、イオニア式の柱を持ち、当時としてはとてもモダンな造りだったそうですよ。
DSC00486.JPG

DSC00488.JPG

都電7500形
DSC00489.JPG

出店などもあり、すいとんとか焼きそばとか買って食べられるようになっていました。
DSC00490.JPG

私たちはなぜか・・・?チヂミを買って食べてみました。どちらかと言うとお好み焼きexclamation&question
DSC00492.JPG

こんなかわいいブタさんの肉まんとかもありましたよぉ〜。すっごく並んでいた・・・あせあせ(飛び散る汗)
DSC00493.JPG

懐かしい駄菓子屋さんとかもありました。
DSC00494.JPG

花市生花店
昭和初期に建てられたお花やさんだそうです。
店内は、昭和30年代のお花屋さんを再現しています。
DSC00495.JPG

お花屋さんの隣には文房具店の武居三省堂。
DSC00497.JPG

店先にリヤカーがあったり・・・昔観た事あるような気がします。
DSC00498.JPG

和傘問屋の川野商店の中には、和傘の作り方を模型で表していました。
DSC00499.JPG

小寺醤油店
大正期から現在の港区白金で営業していたお店だそうです。
DSC00500.JPG

缶詰のラベルがなんともアンティークですよね。
DSC00501.JPG

萬徳旅館
青梅市西分町の青梅街道沿いにあった旅館だそうです。
DSC00502.JPG

建物は創建当初に近い姿に、室内は旅館として営業していた1950年(昭和25年)頃の様子を復元しているそうです。
DSC00503.JPG

中では、江戸刺繍の実演をしていました。
DSC00505.JPG

金糸などで華やかに施されています。
DSC00504.JPG

まだまだあるんですよね。結構見応えのある所です。
写真が多いので、続きは次回へ。
ラベル:東京
posted by mahalobunny at 00:00| Comment(3) | ---東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする